インレー湖で田舎暮らし

海外移住ブログ。国際結婚→ミャンマーのいなか暮らし。現地での生活、育児、仕事のことなど

ミャンマー

H1N1型インフルエンザ、シャン州でも感染者が確認されました。

2017年8月現在、ミャンマー国内で流行っているH1N1型インフルエンザ。私が住んでいるシャン州でも感染者が出ています。2017年8月11日現在、病院からの情報によると、H1N1型インフルエンザ感染者はタウンジー町8名、ホッポン1名、シュエニャウン2名、…

インレー湖観光。ツアーの見どころ紹介。

インレー湖(のほとりの町)に住んでいる唯一の日本人です。久しぶりにインレー湖の観光に行ったので、ツアーレポートです。いつ行っても広大な湖に癒されます。インレー湖を観光される方の参考になれば嬉しいです! ミャンマー、インレー湖の観光ハイシーズ…

2017年ミャンマー水かけ祭りの季節がやってきます。

4月になりましたね。ミャンマーでは、4月と言えば旧正月。今年も水祭りの時期がやってきます。私もミャンマーで3回目の水祭りになります。 ミャンマー中が大騒ぎになる、1年間で一番大きなミャンマーの行事です。 2017年水祭りのスケジュール期間 ミャンマー…

旅行に来るなら知っておきたいミャンマーのタブー。

住んでいて教わったミャンマーのタブーやマナーをご紹介したいと思います。知らなかったり、知っててもやってしまったりして、私もいまだにまわりのミャンマー人から注意されることも。。 ミャンマー旅行・生活の参考にしていただければ嬉しいです。 頭が大…

インレー湖で1番おいしい日本料理店

ミャンマーに住んでいたり、長く旅行すると恋しくなる「日本食」…油っこいミャンマー料理とは対極にある日本料理。 私の住んでいるインレー湖ほとりの町「ニャウンシュエ」にも食べたいと思える日本食レストランがあります。 その日本料理店とは「NOZOMI(の…

ミャンマービザの滞在期間・料金が変更されました。(2016年12月〜)

2016年12月2日付でミャンマービザの滞在期間・料金が改定されました。何の事前予告もなく突然の規定変更。さすがミャンマー。 観光ビザが4,000円→5,200円。ビジネスビザ(1年のマルチビザ)が24,000円→63,700円。など。ビザ料金が大幅な値上げ。でも、滞在期…

ミャンマーの少数民族の結婚式

ミャンマーの田舎町ニャウンシュエで唯一の日本人として暮らしているhanaです。 インレー湖の周りには少数民族が暮らしています。ミャンマーには100以上の少数民族が存在し、インレー湖には湖の上で水上生活を送るインダー族や、山岳部に住むパオ族などたく…

ウエスタンユニオンでミャンマーまで国際送金してみた。

日本からミャンマーへの国際送金にウエスタンユニオンを使ってみたので、体験レポートです。 ウエスタンユニオンは世界200以上の 国と地域、50万ヶ所以上にあるウエスタンユニオン海外送金・受取が可能な便利なサービスです。 以前はセブン銀行から送金した…

年に1回のニャウンシュエ最大の寄付祭り

私が住んでいるインレー湖ほとりの町、ニャウンシュエで1年に1回の「大寄付祭り」が行われました。 インレー湖周辺の僧侶が一堂に会し、なんと会場には1000人以上のお坊さん! その1000人のお坊さんに、みんなで寄付(布施)をしようというお祭りです。

ミャンマー住むために賄賂を払っていますか?

私はミャンマーの観光地である、「インレー湖」ほとりのニャウンシュエ町に住んでいます。入国管理局に正式に登録してもらって、正式に住んでいる唯一の日本人です。(2017年5月現在) ミャンマーの賄賂事情に出くわしたので、ここに愚痴ります。書き残して…

ヤンゴンに携帯を置き忘れたら返ってくるか

基本的にミャンマー人は優しくて穏やかな性格な人が多いと思っています。財布を置き忘れても、携帯を置き忘れても、返ってくることが多い世界中では数少ない国だと思っています。比較的治安の良い国なはず…。 日本人で悪気があって他人が置き忘れたものを盗…

ミャンマーのバレンタインデーにはまさかの贈り物

2月になりましたね、もうすぐバレンタインデー! 最近では、ミャンマー国民にもバレンタインデーが浸透してきているみたいです。バレンタインデー当日には、カップルがプレゼントを贈り合ったり、ペアルックで町をデートしている姿をよく見かけます。 日本で…

ミャンマー国内線のヤンゴン新ターミナル!

2016年12月からヤンゴンの国内線ターミナルが新しくなりました!出張でヘーホーからヤンゴンまで飛行機を利用したので、新ターミナルのレポートです。今までは国際線ターミナルの隣のボロい建物だったのですが、新ターミナル(ターミナル3)は近代的でとって…

祝われない誕生日もわるくない

先日、誕生日を迎えました。これからは20代後半になります。まだまだ全然大人になれてないなぁ。 私は、誕生日祝われたいという気持ちはあまり強くないのですが…ミャンマーでは、基本的に誕生日の人は祝われません。(都会ではお誕生日会やパーティする人も…

ニャウンシュエに夜のマーケットがオープン!

2016年、1月7日にニャウンシュエに夜のマーケット(夜市場)がオープンしました!オープン初日のオープニングセレモニーに行ってきました。 場所はMTT船着き乗り場の手前、郵便局の近くです。独立記念碑(青いタワー)のある大きな広場です。

仏のような旦那は虫も殺さない

大切な命の話しだけど、ちょっぴり愚痴です。 生き物を殺すことは「殺生」といい、仏教では大きな罪とされています。 旦那さんは仏教徒なので、その思想沿って生き物に優しく、虫にも優しく接しています。生き物を殺さないことはもちろんのことだと思うのだ…

世界一寄付しているのはミャンマー人。他人が幸せになるということは、自分が幸せになるということ。

ミャンマーは世界で一番、寄付をしている国だそうです。 140か国を対象にCharities Aid Foundationが調査を行った世界寄付指数(WorldGivingIndex)2016で、ミャンマーは3年連続の世界一に輝いた。調査項目は寄付、他人への手助け、ボランティア活動などで、2…

とっさに使える基本のミャンマー語 50選

ミャンマーを旅行する時に、ミャンマー語をちょっと使えると旅がもっと楽しくなるかも!現地の人たちもちょっとだけでもミャンマー語を使うと喜んでくれると思います。知っておくと、とっさに使えそうな基本の【ミャンマー語50選】を紹介します~ 基本の挨拶…

強制退国か、難関のビザ取得か

【2016年12月〜ミャンマービザ規定の変更がありました。最新情報は下の記事からどうぞ!】 ---- 実は、ミャンマーの家族ビザ(ソーシャルビザ)の更新に手こずってました。家族ビザの有効期限は28日間。その間にビザの延長手続きを完了させる必要があります。 …

【在ミャンマー大使館より緊急メール】治安情勢について(追記あり)

在ミャンマー大使館より緊急メールがありました。これは、大使館に在留届を出しているミャンマー在住者向けに連絡されているものですが、ミャンマーの治安情報なのでシェアします。 2016年11月17日・20日に、ヤンゴンの人が集まる商業施設で爆発がありました…

ミャンマー人のダイエット

ミャンマーではちょいぽちゃが理想とされているので、ここでいうダイエットは、「肥満体系の人がちょいぽちゃを目指す」イメージです。日本人女子が目指すような、すらっとして細い人はミャンマーでは逆に魅力がないそうです。食べ物をちゃんと食べれていな…

海外育児。異文化のなかで子育てするメリットデメリット

海外で子育てしていると、日本とは違う育児方法にびっくりすることも。ミャンマーに移住して、子育てしている私が遭遇したびっくりミャンマー流育児の数々。海外と日本、子育てについての考え方は様々あって、いいところ、よくないところもあります。メリッ…

海外育児ってどう?ミャンマーの子育て事情。

海外で子育てって、大変だと思いますか?私は娘を出産する前、海外で育児なんて本当にできるか不安でした。インターネットで調べれば調べるほど、産後の大変さのことばかり。。自分の住み慣れた日本でさえ、大変な赤ちゃんのお世話。言葉も十分に話せない、…

ミャンマーヤンゴンのタクシー事情

海外でタクシーに乗るのは、安全かどうかなど不安なことも多いですよね。相場を知らないとぼったくられることも。ミャンマーのタクシーにはほぼメーターがなく、料金は交渉制なのでちょっと面倒です。ミャンマーヤンゴンのタクシー事情について、ご紹介しま…

ミャンマーの観光地「インレー湖」の行き方。住んでる私が教えます!

そろそろ雨季も終わり、10月からミャンマー観光ハイシーズンが始まりましたよー!私の住んでいる「インレー湖」はミャンマーの有名観光地のひとつです。 大都市ヤンゴン、世界三大仏教遺跡のひとつといわれるバガン、仏教文化の中心地であるマンダレーと行く…

ミャンマービザを取得するならオンラインがおすすめ!

【2016年12月〜ミャンマービザ規定の変更がありました。最新情報は下の記事からどうぞ!】ミャンマービザの滞在期間・料金が変更されました。申請・取得の方法。(2016年12月〜) - インレー湖で田舎暮らし 前回、郵送でのミャンマービザ取得について書きま…

ビザを郵送で取得。ミャンマー大使館を見直したぞ!

【2016年12月〜ミャンマービザ規定の変更がありました。最新情報は下の記事からどうぞ!】 ---- 品川にあるミャンマー大使館。 今まで何度もビザ申請をしてきたけど、窓口まで行って書類不備で返されたり、電話はなかなか繋がらないし、電話対応めちゃめちゃ…

3ヶ月の赤ちゃんもパスポート取得!いざミャンマーへ!

赤ちゃんっていつからパスポートが必要なのでしょう?生後3ヶ月の娘もミャンマーへ帰るので、パスポートの取得が必要なのかな?まだ1歳にも満たない子どもが海外に行くときには、パスポートやどんな手続きになるのか調べて見ました。生まれて間もない赤ちゃ…

ミャンマー人に喜ばれる日本食

ミャンマー料理は、繊細な和食との味覚とは全く異なります。基本的に味が濃くて、油っぽくて、時にすごく辛くて、時にすごく甘いです。糖尿病になりそうな食事です。実際に糖尿病にかかる人も少なくありません。 ミャンマー人の旦那は、日本人の繊細な薄味を…

ビザ代行会社を使わず、自力でミャンマー人の日本ビザ取得する方法

よ、ようやくミャンマー人旦那さんの日本ビザが取得できましたー!これで、出産に立ち会ってもらえます!赤ちゃん。パパくるまでもう少しまっててね。 大使館へ申請行くのが遅れてしまい、来日予定の一週間前に申請に行くというドタバタ。いつも何でも前もっ…