読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インレー湖で田舎暮らし

ミャンマーブログ。国際結婚してインレー湖の田舎町に移住。現地での生活や育児などの日常。

ミャンマーの少数民族の結婚式

ミャンマーの田舎町ニャウンシュエで唯一の日本人として暮らしているhanaです。 さて先日、うちのスタッフの結婚式へ行ってきました。彼はパオ族という、ミャンマーの少数民族のひとり。 ミャンマーには300以上の少数民族がいると言われています。それぞれの…

ミャンマーのバレンタインデーにはまさかの贈り物

2月になりましたね、もうすぐバレンタインデー! 最近では、ミャンマー国民にもバレンタインデーが浸透してきているみたいです。バレンタインデー当日には、カップルがプレゼントを贈り合ったり、ペアルックで町をデートしている姿をよく見かけます。 日本で…

祝われない誕生日もわるくない

先日、誕生日を迎えました。これからは20代後半になります。まだまだ全然大人になれてないなぁ。さて、ミャンマーでは、基本的に誕生日の人は祝われません。(都会ではお誕生日会やパーティする人も増えているみたいですが) 一般的にミャンマーで誕生日を迎…

仏のような旦那は虫も殺さない

大切な命の話しだけど、ちょっぴり愚痴です。 生き物を殺すことは「殺生」といい、仏教では大きな罪とされています。 旦那さんは仏教徒なので、その思想沿って生き物に優しく、虫にも優しく接しています。生き物を殺さないことはもちろんのことだと思うのだ…

世界一寄付しているのはミャンマー人。他人が幸せになるということは、自分が幸せになるということ。

ミャンマーは世界で一番、寄付をしている国だそうです。 140か国を対象にCharities Aid Foundationが調査を行った世界寄付指数(WorldGivingIndex)2016で、ミャンマーは3年連続の世界一に輝いた。調査項目は寄付、他人への手助け、ボランティア活動などで、2…

とっさに使える基本のミャンマー語 50選

ミャンマーを旅行する時に、ミャンマー語をちょっと使えると旅がもっと楽しくなるかも!現地の人たちもちょっとだけでもミャンマー語を使うと喜んでくれると思います。知っておくと、とっさに使えそうな基本の【ミャンマー語50選】を紹介します~ 基本の挨拶…

ミャンマー人のダイエット

ミャンマーではちょいぽちゃが理想とされているので、ここでいうダイエットは、「肥満体系の人がちょいぽちゃを目指す」イメージです。日本人女子が目指すような、すらっとして細い人はミャンマーでは逆に魅力がないそうです。食べ物をちゃんと食べれていな…

ここが変だよ!ミャンマー流子育て

ミャンマーで赤ちゃんを育てていると、日本人の私からしたら「マジ?」と思うことは多々あります。私が遭遇したびっくりミャンマー流子育てを紹介します! 頭寒足熱 吐いたら良いサイン 他人の子どもにキスしまくり。しかも口。 赤ちゃんの咳は母乳のせい? …

ママと赤ちゃんに優しい国、ミャンマー。

ミャンマーで赤ちゃんを抱いて外を歩いていると、必ず声をかけられます。 「かわいいねー。ママに似てるねー」「何ヶ月なの?寒くないようにね。」 人が多い場所に行くと、話しかけられすぎていつまでたっても前に進めないくらい。笑そして3人に1人くらい…

ミャンマー人に喜ばれる日本食

ミャンマー料理は、繊細な和食との味覚とは全く異なります。基本的に味が濃くて、油っぽくて、時にすごく辛くて、時にすごく甘いです。糖尿病になりそうな食事です。実際に糖尿病にかかる人も少なくありません。 ミャンマー人の旦那は、日本人の繊細な薄味を…

ミャンマー定番デートはあの場所へ行こう!

私とミャンマー人の旦那さんは出会って1年足らずで結婚しました。そして、お互い仕事が忙しかったためにほとんどデートらしいデートをしていませんが、ミャンマーデートをご紹介します。 お寺ははずせないよね! ミャンマー人のデートスポットはずばり「お寺…

発展していくミャンマーの発展していく恋愛観

みなさん、バレンタインデーですね!ミャンマーでも、スーパーにチョコの特設コーナーがあったりしてバレンタインデーっぽいことが都市部では行われています。 私も去年、旦那さんにチョコをあげました!しかし、ミャンマーでは食べ慣れていないチョコを好き…