インレー湖で田舎暮らし

ミャンマーブログ。国際結婚してインレー湖の田舎町に移住。現地での生活や育児などの日常。

僧侶を一旦諦めた旦那さんと宗教について話し合い

僧侶になるか日本人の私と結婚するか、悩んでいた旦那さんの話しです。

前記事でも書いたように、僧侶になれば結婚は許されません。
お寺に住み込み、天に召されるまで仏教の道を極める毎日です。

彼は数ヶ月くらい悩んでいました。
ある日…「僕は君と結婚するよ」と言われました。

と、言う訳で彼は僧侶になることを諦め、私たちは結婚することになりました。
彼は「少しずつでもいいから、仏教の教えを知ってほしい」と私に教えてくれることになりました。

何も考えず入信しない。信じることを尊重する

私は大学で哲学を専攻していたので、色んな宗教についても少しだけ勉強しました。
仏教はもちろんキリスト教イスラム教、ヒンドゥー教など。
哲学が好きですが、特定の宗教は持っていません。
例え旦那が仏教でも、すぐさま仏教に入信する!と単純には考えられませんでした。

でも、自分の愛する人が心から信じていることを尊重し、耳を傾けたいと思っています。
何を正しいとするか、どんな考えを持とうが、その人の自由。
無宗教の私と敬虔な仏教徒の旦那の間で育つ娘は、どんな価値観を持つのかなー。

旦那の「仏教に親しもう!」キャンペーン

仏教には「諸善万行」といって為すべき善の行為があります。
この善が6つにまとめられたのが「六度万行」
○布施・・・親切 
○持戒・・・言行一致 
○忍辱・・・忍耐 
○精進・・・努力 
○禅定・・・反省 
○智慧・・・修養

善を積めば積むほど、来世が良くなると考えています。

というわけで、旦那の「仏教に親しもう!」キャンペーンとして、毎朝寝る前に仏教の言葉を唱えています。その言葉は日本語でもミャンマー語でもなく、特殊な仏教の言語で彼もほとんど意味はわからないそうです。
唱えれば良い事が起ると言われているそうです。
たまに一緒にお寺に行って、お祈りをすることもあります。お寺はなんだか心が落ち着くので好きです。
後は結構頻繁に、貧しい子どもや高齢者に寄付をします。これは私も良いことだと思うので大賛成!
仏教の良いと思う部分は、自分の考えにも取り入れていけたらいいなと思っています。

f:id:hana0905:20161005014541j:plain

宗教に優劣はあるか

はっきりと明言はしませんが、旦那は仏教以外の宗教は正しくないと信じていると思います。

ミャンマー仏教徒は、特にイスラム教徒を嫌っています。イスラム教のことを聞くと悪口しか出てきません。ミャンマーイスラム教徒が迫害され難民被害が出ているのは世界的にも有名な話です。

私は「宗教に優劣はつけられない」のではないかと話したこともあります。
人間の命に優劣がないように、仏教徒だけ尊いということはないと。

結婚して夫婦になっても、お互いの宗教観について全てを理解するのは難しいのだと思います。それでも今は理解しようとしています。

私も今は無宗教の立場でしかないけれど、今のミャンマー人の多くがそうであるように、幼い頃から他の宗教や他の民族は悪いと教わり、正当な理由なく嫌ってしまうことが世界を良くしていくとは思えないんですよね。

宗教戦争や民族紛争は昔からあったけど、世界中の人が世界のあちこちを飛び回るようになった今、人間の判断の基準は宗教や民族ではないということが当たり前になったらいいな。
まだまだ勉強してみます。

知識ゼロからの仏教入門 (幻冬舎実用書 芽がでるシリーズ)

知識ゼロからの仏教入門 (幻冬舎実用書 芽がでるシリーズ)