インレー湖で田舎暮らし

ミャンマーブログ。国際結婚してインレー湖の田舎町に移住。現地での生活や育児などの日常。

ミャンマー田舎の病院事情

もうすぐ妊娠8ヶ月に突入です。実は、日本に帰ってきちゃいました。

ミャンマーの田舎病院は、本当に頼りない!どうしてもあの病院で出産する勇気が出ませんでした。
以前、デング熱で入院したこともあるのですが、あの時も本当は色々言いたいことがあったのです。辛すぎてされるがままでしたが。 。

私はミャンマーの田舎に住んでいるので、きちんとした治療を受けるためには隣町までいく必要があります。山を越え、車で約2時間かかります。
中心都市ヤンゴンには最先端の病院施設が多数あり、羨ましい!

医者は常駐していない

田舎の病院には、常駐している医者はいません。
医師は1日数時間ごとに、数カ所の病院を回っているので、運悪くいない時はまた明日ということになります。

私はデング熱の時、病院に医者がいないため半日以上待って診察を受け、さらに2日後にデング熱が発覚しました。
病院の対応は本当に遅いので、一刻を争う急病の人がいた時には救われない命が多いのではないかと思います。

妊娠は海外保険適用外!

今回、私は妊娠初期のつわりがひどくて5日ほど食事も水もろくに取れず、倒れてしまいました。脱水症状になると、お腹の中の赤ちゃんにも良くないので医師に診せようと病院を訪れました。

日本の病院では、つわりで食べられない時は無理に食べることは薦めないそうです。
妊娠初期は食べられなくても、母体に蓄えられた栄養で赤ちゃんは成長するので問題はないそうです。
ミャンマーの病院で葉酸のサプリだけは処方してもらえました。1ヶ月で200円くらい!)

しかし、ミャンマー人医師が言うには「とにかく食べなさい」とのこと。食べられなくて、吐いてしまうから病院に来てるのに。
点滴したいなら入院しなさいとのこと。
妊娠は海外保険適用外なので1日入院するのに2万かかると言われました。
高すぎる!!

病院のレベルの低さに絶望。

f:id:hana0905:20161015001614j:plain

旦那さんが心配して「点滴だけは受けていこう」と言うので渋々了承し、1日だけ入院することに。

まずは吐き気止めという注射をされたのに、1時間後には嘔吐。
この時期、0℃まで下がるのにも関わらず暖房はなく病室は冷えきっていました
ガタガタ震える中、冷えた点滴が身体の中に入ってきました。
冷水が体内にどんどん注入されて、右手から冷えて感覚がなくなっていく…。

合計4本の点滴を入れると言われましたが、身体が冷えすぎて点滴が入らなくなり血液が逆流する始末。
そして、看護師さんが無理矢理入れようと点滴の速度を上げたら、血管が破裂するかと思うほどの痛みを感じました。

本当に医療の勉強したのか?と不安になる処置ばかりで、これ以上病院にいても良くならないと思い、勝手に退院しました。
日本の医療レベルの高さを知っているから、我慢なりませんでした。
日本のレベルの高さに慣れてしまった贅沢なのでしょうか。

出産という、母子とも命懸けのこと。
ミャンマーでは新生児の死亡率が日本の26倍です。
信用できない病院で、自分たちの命を預けたいとは思えず、日本で出産することにしました。

ヤンゴンだったら、外国人に対応できるもっと設備の整った病院がいくつもあるから出産できる可能性はあるけど、やっぱり田舎はこういうところが不便。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

広告を非表示にする