インレー湖で田舎暮らし

ミャンマーブログ。国際結婚してインレー湖の田舎町に移住。現地での生活や育児などの日常。

外国人が欲しがる意外な日本の便利グッズ

私が、ミャンマー人スタッフからよく頼まれる日本の便利グッズを紹介します!
外国人がお土産として欲しがるモノからも、世界における日本の技術の高さが支持されているようですねー!

外国人が切実に欲しがる実用的なモノ

1.消せるボールペン(フリクション

うちのスタッフ全員使っています!

最近はヤンゴンでは探せば見つかると思うのですが、田舎にはないので日本で大量買いしてスタッフに配っています。

仕事に鉛筆を使うわけには行かないので、「ボールペンなのに簡単に消せる!」と大活躍です!
ただ、減りがめちゃめちゃ早いのと、熱に弱いのでノートがこすれたりすると消えてしまうことがあります。そこは少し残念な点ですが、、

 

 

2.カレー

最近日本のカレーチェーン店もアジアに続々と進出しているようですね。
ミャンマー人スタッフも、日本のカレーが大好きです。簡単だし、とりあえず迷ったらカレーを作ればなんとかなります。

ついでに、日本の焦げ付かないフライパンも感動されます。
確かに、ミャンマーで売っているフライパンは何も加工されていないので、油を大量に使わないとすごく焦げ付きます。
ミャンマー料理は油の量がすごいので気にならないのかもしれませんが、日本人の私はできるだけ油を少なく作りたい。。)

 

3.ホッカイロ

ミャンマーの山岳地帯に位置する私の住んでいる田舎町は、冬になると日本の冬と同じくらい寒いです。
ミャンマーって暑いだけの国かと思っていたら、標高の高い場所は寒いんですよね。
暖房もろくに使えない田舎ではカイロがあると救われます。湯たんぽとかもいいですね!

 

4.日本の化粧品

これは世界中から支持されていますが、やはり効能の高さが人気です。
肌の白いことが綺麗だと思われるこの国でも、女性スタッフは美白化粧品を欲しがります。

ミャンマーの都会では日本の化粧品も売られていますが、日本で買うよりも高値であることが多いので、日本で購入してプレゼントしています。
また、目薬や腰痛の塗り薬など医薬品系も効能が高いと人気です。
農業などの肉体労働の多い田舎のミャンマーの人にあげたら腰痛が治った!と喜んでいました。

 

5.農業用品

これは田舎限定になるかもしれませんが、日本クオリティの農業用品を買ってきてくれとよく頼まれます。
ミャンマーで手に入るものと比べると日本の方がクオリティもいいらしいです。
スコップから始まり、土壌pH計、足袋など日本のものを欲しがります。
日本は何にしてもクオリティが高い!

シンワ測定 土壌酸度計 A 72724

シンワ測定 土壌酸度計 A 72724

 

 

番外編

私が今、ミャンマー帰国の際に持って帰りたいと切実に思っているモノたち

コンパクトミキサー、コーヒーメーカー、サプリメント、おむつ、おまる、抱っこ紐、日傘、湯船、マヨネーズ、ケチャップ、めんつゆ、ラップ、ヒートテック、蚊対策用品、洗剤、パンメーカー、などなど

やっぱり日本の技術力が生活を便利にしていると実感します。