読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インレー湖で田舎暮らし

ミャンマーブログ。国際結婚してインレー湖の田舎町に移住。現地での生活や育児などの日常。

もっと早く気づけば良かった!完全母乳のメリットとデメリット

まだ月齢の低いお子さんをお持ちの完母ママさん。後悔しないように読んでください。
母乳育児がしたくて、出産前後にたんぽぽコーヒーを飲んだり、おっぱいマッサージをしていたおかげか、母乳が出過ぎるくらいに出ている私。
乳腺炎などのトラブルも今のところ何もありません。
ミルク代もかからないし、ミルク作る手間はないし、メリットばかりだと思ってましたよ。

しかし、デメリットは別のところにありました。

哺乳瓶もおしゃぶりも使えない。

娘は生まれて1度も哺乳瓶を使ったことがありませんでした。
「預ける時に、哺乳瓶使えた方がいいよー」というのは知っていましたが、まぁ大丈夫だろう…と思ってました。

しかし2ヶ月半くらいの頃、試しに搾乳して哺乳瓶で飲ませようとすると、ギャン泣きて全力拒否。
その後2日に1回程度、練習していますが1ヶ月経っても未だに哺乳瓶からはちゃんと飲みません。

f:id:hana0905:20161002220501j:plain

お腹が空いてる時は、どうしてもおっぱいがほしくて哺乳瓶全力拒否。
機嫌のいい時にあげるとちょっとずつ飲んでくれます。
が、まだまだ誰かに預けられるレベルでは全然なーい!

基本的に娘と離れる予定はないものの、
今後、ミャンマーに帰ってどうしてもの仕事がある時や、まさか私のおっぱいが出なくなった時、娘はミルクが飲めないと本当に困る!!

さらに、なんとなく気づいていたけど、おしゃぶりも使えなーい。
そりゃ、哺乳瓶が使えなかったら、おしゃぶりも好きなはずないですよね。
おっぱいしか受け入れてくれないんだから。

なので、哺乳瓶とおしゃぶりの練習もう少し頑張ります。

本当、月齢の低い時から練習しておけばよかった…。
完母だけど、預ける予定のママさんは早いうちから哺乳瓶も練習しておいた方が楽ですよ!
もう娘を誰にも預けられない、もうこうなったら片時も娘と離れないわ!

 

---後日談---

哺乳瓶拒否でギャン泣きしていた娘も、1ヶ月ちょっと練習したら哺乳瓶で飲むことができるようになりました!
コツは本当におなかがすいちゃう少し前に、もう少しでおなかすくかなーっていうタイミングだと機嫌が良いまま哺乳瓶の練習ができました!
おなかすいてる時に練習すると飲めなくて、ギャン泣きだったので…
これで、何かあった時もなんとかなるぞ!ひとまずよかったー。

ちなみに並行して練習していたおしゃぶりも使えるようになりました!
おっぱい飲んだのに、まだチュッチュッしてる時におしゃぶりをあげるとそのまま寝てくれます。おしゃぶりなんて楽なの。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村