読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インレー湖で田舎暮らし

ミャンマーブログ。国際結婚してインレー湖の田舎町に移住。現地での生活や育児などの日常。

ミャンマーの観光地「インレー湖」の行き方。住んでる私が教えます!

そろそろ雨季も終わり、10月からミャンマー観光ハイシーズンが始まりましたよー!
私の住んでいる「インレー湖」ミャンマー有名観光地のひとつです。

f:id:hana0905:20160929204240j:plain
大都市ヤンゴン、世界三大仏教遺跡のひとつといわれるバガン仏教文化の中心地であるマンダレーと行くべき観光地はたくさんありますが、インレー湖もぜひとも来ていただきたい!

「インレー湖ってどうやって行くの?」とよく聞かれるので、インレー湖に住んでいる私が行き方をご案内します!
インレー湖に行くには「ニャウンシュエ(Nyaung shwe)」という町から、ボートで行くのが一般的です。

ヤンゴンからニャウンシュエまでの移動手段は、飛行機・バス・鉄道があります。

飛行機 オススメ度★★★

他の交通機関より値段は少し高いですが、1番楽なので私はいつも飛行機を利用しています。
●値段:100ドル~130ドル
●乗り場:ヤンゴン国内線空港(国際線空港のとなりです。)
国内線乗り場、もしくは町中のチケットショップで航空券を購入できます。航空会社によってルートが異なります。

[ 所要時間1~2時間 ]
ヘーホー(Heho)空港行き
空港からニャウンシュエ町までタクシーで1万5000ks、所要時間30分程度。

 

夜行バス オススメ度★★☆

バックパッカーなどで少しでも節約したい人にはおすすめ。
●値段:15,000ks~25,000ks 
●乗り場:アウンミンガラーバス乗り場(バス会社によってターミナル内でも場所が全然違うのでタクシーの運転手に伝えて連れて行ってもらいましょう)
町中のチケットショップで乗車券を購入できます。

[ 所要時間約10時間 ]
バス会社によって18時~19時ヤンゴン発、翌日5~6時着

タウンジー(Taunggyi)行き→シュエニャウンで下車
バスを降りたらタクシーの運転手がいっぱい話しかけてくるので、交渉して妥当な値段の人に連れて行ってもらいましょう。
ニャウンシュエ町まで、タクシーで8000ks・バイクタクシーで5000ks

  

鉄道 オススメ度★☆☆

時間が29時間もかかるので、体力に自信のある方はどうぞ。。(私は無理です)
●値段:アッパークラス 9400ks/オーディナリークラス4050ks
●乗り場:ヤンゴン・セントラル駅
駅の窓口で乗車券を買うことができます。

[ 所要時間29時間 ]
ヤンゴン11時発、翌日17時着
シュエニャウンで下車→徒歩10分くらいのマーケットからピックアップバスでニャウンシュエ町まで約1時間

 
目指すはニャウンシュエ町

インレー湖に行きたいのであれば、目的地は「ニャウンシュエ(Nyaung shwe)」という町です。
似た名前の町があるので、気をつけて!

バス、鉄道で来る場合は「シュエニャウン(Shwe nyaung)」で下車しますが、「ニャウンシュエ(Nyaung shwe)」町に向かってくださいね。
インレー湖を観光する人々が泊まるホテルやレストランなどがある町です。

着いたら、ホテルはたくさんあるので歩いて探すこともできるし、希望のホテルがあればタクシーで連れていってもらいましょう!
私もこの町に住んでいるので、困ったことがあればご相談くださいね!

f:id:hana0905:20161007225512j:plain

 *タクシーなどの値段は参考です。高値をふっかけてくる運転手もいますが、私は自分が別にいいと思う値段であれば、交渉もお互いつかれちゃうのでほどほどにしてます。

情報は記事公開時のものです。最新の情報を確認の上、インレー湖へ観光しに来てくださいね!

D24 地球の歩き方 ミャンマー 2017~2018

D24 地球の歩き方 ミャンマー 2017~2018

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村