インレー湖で田舎暮らし

ミャンマーブログ。国際結婚してインレー湖の田舎町に移住。現地での生活や育児などの日常。

強制退国か、難関のビザ取得か

【2016年12月〜ミャンマービザ規定の変更がありました。最新情報は下の記事からどうぞ!】

----

実は、ミャンマー家族ビザ(ソーシャルビザ)の更新に手こずってました。
家族ビザの有効期限は28日間。その間にビザの延長手続きを完了させる必要があります。

ミャンマーに住む日本人の99%がヤンゴン在住。
ヤンゴンであれば同じ手続きをする人が大勢なので、スムーズにビザ取得できるそうです。
しかし、田舎に住んでいる外国人はごく少数なので、手続きがすごく滞りました。。
今回はミャンマー人と結婚したり、家族関係にある外国人が対象のソーシャルビザの滞在期間延長の手続きについてです。

 

 

ミャンマーで外国人はホテルのみ宿泊可

ビザ取得のためには、ミャンマーでの居住エリアの役所の許可が必要です。
しかし私の住む町には外国人が住んだ前例がなく、
お偉いさん皆さん「本当にこの外人に、居住許可を出していいか?」判断つかない様子。

ミャンマーでは基本的に、外国人は「ホテル以外の宿泊は不可」。
つまり、知り合いのミャンマー人の家とかには泊まれないことになっています。
バレると罰金などとられるみたいです。

私はニャウンシュエに住むために、あちらこちらのお偉いさんに会って、「ここに住ませて下さい」と頭下げてきました。

入国管理局、警察、町のリーダー、民族のリーダーなどなどよくわからないけど、連れて行かれてひたすらお願いしてきました。
あと、賄賂も渡しましたよ。全部で2万円くらい。
外国人がみんなお金持ちと思うなよ!(泣)

ビザの郵送申請はおすすめしない

5ヶ月の娘を連れて、何度もヤンゴンに行く訳にいかなかったのでビザ更新書類はヤンゴンの入国管理局に郵送することにしました。
これが間違いでした。
郵送は町の入国管理局からヤンゴンの入国管理局に送るそう。
ビザの受取は本人が行かないといけないそうなので、受取のみヤンゴンに行こうと思っていました。

しかし、ビザの書類を郵送してから1週間以上経ってもヤンゴンの入国管理局に書類が届いてないという…。
後1週間でビザの期限が切れてしまうので、焦ってました。
本当に書類が届いていないのかもわからなかったので、ヤンゴンの入国管理局に直接行くことにしました。

後、3日でビザが切れるという日。
ヤンゴンのパンソーダンにいる入国管理局へ行くと、私たちのビザ更新書類がまだ届いてないとのこと。

もう10日以上経っているのに届いていないとは何事。
ニャウンシュエからわざわざ飛行機で飛んできたのに、書類が届いてなくてビザ更新できないなんて絶望的でした。
生後5ヶ月の娘と日本に強制帰国になると思うと、涙が出てきそうでした。

f:id:hana0905:20161122222224j:plain

「ふつうの人は郵送じゃなくて、直接書類持ってくるから郵送はいつくるかわからない。」
郵送してもいいよって言ってたじゃん!

ヤンゴンに住んでいればいいけど、小さい子どももいるし、ヤンゴンまで飛行機で来なきゃいけないし、簡単には来れないから書類送ったのに!
書類だけ旦那に持ってきてもらえば良かったと後悔。
もうミャンマーで郵便利用しないわ。

 

家族ビザに必要な書類

書類がなくてもどうにかできないのか、旦那がねばってました。
「書類ないのに、ビザ更新できるわけないじゃん!」と私はイライラ。
娘と日本に帰ることを覚悟し始めていました。

すると、部屋の奥からおじさん登場。
「FAXでいいよ」「???」

FAXとは???

ニャウンシュエの入国管理局には私たちのビザ書類のコピーがあるようで、それをFAXで送ればいいらしい。
そんなんでいいですか?
ビザが延長できて、ミャンマーに居続けられるならなんでもいいです。

家族ビザ(ソーシャルビザ)に必要な書類は、
・申請書
・居住証明書
・結婚証明書(ミャンマーのは無いので日本のものを訳しました)
・家族リスト
以上はFAXで送ってもらいました。

あとは
・パスポート
・証明写真7枚
・旦那のIDカード
は自分で持っていきました。

ニャウンシュエからFAXを送ってもらって、なんとその日の夕方にはビザ更新完了!
今回は、小さな子どもを連れているから融通きかせてくれたみたいです!

絶望的だったけど、ミャンマー人の心遣いに助けられました。

家族ビザは延長すれば、出国の必要なし

無事に、家族ビザ初回の延長が完了。
小さい娘を連れて日本に帰らなくてはならないと心配していたけど、無事にビザ取得できてほっと一安心。

旦那と結婚する前はビジネスビザでの滞在で、更新のために70日に1度必ず国外に出なければならなかったのでとても面倒。

家族ビザなら、手こずったけど今回のようにヤンゴンでビザの延長ができるので国外に出る必要なし
更新は、1年に一回でOK!(初回は3ヶ月→6ヶ月→1年)
ただ、国外に出た場合は初回の更新からになるので、また3ヶ月→6ヶ月と更新しなくてはいけないけど。

そして、ビザ更新の書類提出、パスポート受取も旦那が代理でできるらしい!
わざわざ飛行機でヤンゴンに行かなくても済むみたい。
無事に、ここミャンマーの田舎に住み続けられそうです。
めでたし。めでたし。

D24 地球の歩き方 ミャンマー 2017~2018

D24 地球の歩き方 ミャンマー 2017~2018

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村