読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インレー湖で田舎暮らし

ミャンマーブログ。国際結婚してインレー湖の田舎町に移住。現地での生活や育児などの日常。

仏のような旦那は虫も殺さない

ミャンマー人

大切な命の話しだけど、ちょっぴり愚痴です。

生き物を殺すことは「殺生」といい、仏教では大きな罪とされています。

旦那さんは仏教徒なので、その思想沿って生き物に優しく、虫にも優しく接しています。
生き物を殺さないことはもちろんのことだと思うのだけどね。

蚊も殺さないから私が死にかけた。

当然、蚊も殺しません。
部屋の中に蚊が飛んでいても、サッと払いのけるだけ。
サッと払いのけても、蚊は部屋の中にいて諦めもせず刺しにかかってくるんだから、払いのけ続けなければ絶対いつか刺されます。
部屋の中で飽きもせず、何度も何度も蚊を払う旦那。

そして、結婚して間もない頃。
「ほらほら、また殺してるよ!」

ふつうに蚊を殺していた私に、めったに怒りを見せない旦那が厳しめに注意。
今までの人生で100匹以上は殺したと思うよ、彼からしたらとんでもなく罪深い私。
今では、旦那と部屋にいる時は蚊を殺しません。

旦那に見えないように、壁に止まった蚊を静かに殺すことはあっても両手で「パチンッ」なんて殺すことは許されません。
なので、私は蚊に刺されてデング熱になって死にかけました。

 

身体を這ってきたアリは優しく自然へ返してあげる

ミャンマーの田舎でふつうに生活していて、気づくと腕や足にアリが歩いています。
パッと払いたいところですが、旦那は優しく手のひらに乗せて近くの木に返してあげます。

f:id:hana0905:20161204181602j:plain

そして、アリは当然床にもいるわけで。

「あぁ!殺しちゃった!!」
アリを踏んづけて殺してしまったことを毎回悲しんでいます。
まぁ確かに、アリを踏んじゃったら「やってしまった」と思わないことはないんだけど。
いつも何事かと心配するくらい悲しがっています。

料理に入ってきた虫も救ってあげる

ミャンマーで食事をしていると、結構な頻度で小さい虫が料理の中に飛び入ってきます。
油だらけのミャンマー料理の中で、溺れて死んでしまうのがほとんどだと思うのですが、旦那は必死で助けます。

f:id:hana0905:20161204181442j:plain

「わ、死んじゃうよ!なんで入ってくるんだ!」
スプーンで救ってあげて、油をとってあげようと頑張ってます。
そして結局動かなくなって死んでしまった時の、旦那の悔しがり具合。
どこまで優しいんだ、この人は。

優しいゴキブリの対処法

ここミャンマーの田舎には虫がたくさんいます。
コオロギ、ヤモリ、バッタ、毛虫、カメムシ、蛾などありとあらゆる虫に遭遇します。
もちろんゴキブリもいて、さすがに部屋に入ってきたら放置するのもこわいので(娘もいるし)旦那に外に出してもらうようにお願いします。
もちろん殺したりなんかしません。

その対処の仕方も、仏心にあふれていました。

①私が洗濯して綺麗にたたんでしまってあった取り出す
②そのタオルを優しくゴキブリの上にかける
③ゴキブリをつぶさないように両手でタオルごと包み込む
④外の地面にタオルを置き、ゴキブリが出てくるまで待ってあげる

優しい。ゴキブリにまで優しすぎる。

賛否両論、私の中の結論は出ず

虫だって、大切な命。
仏教徒でなくとも、アリとかゴキブリとかむやみに殺す必要は私もないと思う。
でも、蚊にはやっぱり刺されたくないよ。

刺されたくないからって、簡単に殺すのは人間のエゴなのかな。
旦那が真剣だから、私もちょっと真剣に悩んでしまいます。
飛んでいる蚊を見て、殺すか殺さないか迷う毎日です。

どう思います? 

とりあえず日本の蚊よけグッズがほしいです。

どこでもベープ 携帯虫よけ №1未来セット メタリックグレー 本体+取替

どこでもベープ 携帯虫よけ №1未来セット メタリックグレー 本体+取替

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村