インレー湖で田舎暮らし

ミャンマーブログ。国際結婚してインレー湖の田舎町に移住。現地での生活や育児などの日常。

祝われない誕生日もわるくない

先日、誕生日を迎えました。これからは20代後半になります。
まだまだ全然大人になれてないなぁ。

私は、誕生日祝われたいという気持ちはあまり強くないのですが…
ミャンマーでは、基本的に誕生日の人は祝われません。
(都会ではお誕生日会やパーティする人も増えているみたいですが)

一般的にミャンマーで誕生日を迎える人は、寄付をしたり、まわりの人にご飯をごちそうしたりします。
誕生日の人が、他人に良いことをする日です。

 

誕生日には寄付をする

f:id:hana0905:20170114003401j:plain
ニャウンシュエ町から車で15分くらいのところにある孤児院。
親のいない子どもや、学校に通えない子どもたちが110名ほど住んでいます。
学校施設も併設されていて、ここで勉強することができます。

f:id:hana0905:20170114004419j:plain

ここの施設の全てが寄付によって賄われているそうです。
さすが世界一の寄付大国ミャンマー
私は旦那と相談して、米俵と現金を寄付しましたが、他にも色んなものが寄付されていました。
野菜や果物、お菓子、石けん、文房具、食器、洗濯機!など、なんでもありです。

f:id:hana0905:20170114003924j:plain

何かと寄付をするミャンマー人。
ここでも他人を幸せにすることは自分の幸せという考えがあるのかもしれません。 

誕生日の人がご飯をごちそうする

友人や家族にご飯をごちそうするのも、ミャンマー人にとっては一般的な誕生日の過ごし方。
祝う、祝われるというものがありません。

スタッフが誕生日の日には、私もごちそうしてもらいました。
日本みたいに、誕生日の人が主役でごちそうされるわけではありませんね。
祝われるわけではないので、誕生日の私自身が「スタッフが喜ぶのはどこだろう?」と考えます。

祝われない誕生日 まとめ

自分の誕生日に、他人の幸せを考えるミャンマーで過ごす誕生日が結構好きだったりします。
たくさんの人に誕生日を祝ってもらうのが、なんだかむずがゆくなってしまうことがあります。
ミャンマーでは祝われなくて当然!
むしろ他人に良いことをやるなんて、気持ちが良い!

でも、今年はスタッフからサプライズで洋服のプレゼントがありました。
ありがとう〜!
もらえればやっぱり嬉しいものですね。

ちなみに毎年、旦那からのプレゼントはありません。 
でも、日頃の感謝の言葉を贈ってもらいました。
モノよりも言葉が嬉しいなんて、私もやっぱり少しずつ大人になってるかしら。 

ビルマとミャンマーのあいだ―微笑みの国と軍事政権

ビルマとミャンマーのあいだ―微笑みの国と軍事政権

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村