インレー湖で田舎暮らし

海外移住ブログ。国際結婚→ミャンマーのいなか暮らし。現地での生活、育児、仕事のことなど

ミャンマーの田舎町で結婚式

ミャンマー人の旦那と結婚して1年ちょっと過ぎました。
私と旦那は地味なので、日本でよくある豪華な結婚式はしていません。

自分たちの住んでいる町で、普通の田舎に住むミャンマー人がするような結婚式を挙げました。
ふと思いだしたので、書き残したいと思います。

f:id:hana0905:20170217131736j:plain

 

結婚の準備

結婚の準備はそんなに大変ではなかったです。
日本みたいに1年間とか半年とかの準備期間は必要ありません。

ホテルなどの広い場所を貸し切るミャンマー人もいますが、私たちは小規模での開催予定だなので、家で行うことに。

結婚式に着る服の準備。
最近、都会では真っ白なウエディングドレスを着ることもあるそうですが、ここは田舎。
伝統的な正装を着ることにしました。 

旦那が私のために選んだのは、しっかりした生地の黄色のロンジー。
彼はチン民族なので、チン族伝統の柄のロンジーが結婚式の服。

派手ではないけど、いつもとは違う服を着ている自分に
「まさかミャンマーで結婚式するとは思わなかったなぁ」としみじみしました。

大事な準備としては、食事の手配。
結婚式に来てくれる人たちのために、食事の手配をします。
後にも書きますが、寄付するための食事も100食ほど準備しました。

親戚や友人に結婚式の日時を伝え、周りの家に招待状を配ります。
f:id:hana0905:20170217133304j:plain

お坊さんのありがたいお言葉

結婚式当日はまず、お坊さんを家に呼びます。
その数、お坊さん15人。

お坊さん達が家に入って来る時に、新郎新婦で彼らの足を拭きます。
私たちはお坊さんの足元にひざまずいて、足を拭くわけですが
お坊さんの足って綺麗!
普段から裸足で歩いているから足が強いのか、お坊さん達の足はたくましくて綺麗な足でした。 

結婚式の時に、神父さんが言う言葉って

「「健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?」
ですよね。

でも私たちのミャンマーの結婚式には、お坊さんが15人も来てありがたいお言葉をいただきました。
代表のお坊さんが30分ほどそのありがたいお話を話し続けてくれます。
私たち新郎新婦、来場者も皆正座で話しを聞きます。

私は途中で足がしびれすぎて少し足を崩すと、
お坊さんは「無理しなくていいよ」と優しく言ってくれました。笑

話しの内容は、ほとんど仏教の教えを説いてくれているのですが、私はあまりミャンマー語が分からず。。

後から旦那に確認すると、
結婚とは愛し合い、添い遂げること。
何か困難があってもともに乗り越えること。
など色々な教えをいただいたそうです。

そして、さいごに来場者とお坊さん全員で私たちの幸せを祈ってくれました。
 

お祝いごとには、他人にも幸せを

お坊さんが帰った後、結婚式の最後には新郎新婦で布施(寄付)をしにいきます。
さすが仏教の国ミャンマー

身寄りのないおじいさんおばあさんが暮らす施設に、100食分の食事を寄付しました。
この施設の運営もミャンマー人たちの寄付だけで成り立っています。

「結婚おめでとう」と優しく声をかけてくれます。
結構なご高齢に見えるおじいさんやおばあさんたち。

彼らひとりひとりにご飯を渡すと、私たちに何か唱えてくれます。
呪文のように唱えるので、聞き取れないのですが

「僕たちの幸せと健康を祈ってくれてるんだよ」
と旦那が教えてくれました。

結婚式というお祝いごとで、他人にも幸せを分けに行く。
派手ではない、ミャンマーの田舎での結婚式のスタイルが地味な私たち夫婦には合っているのかも。

あの日、私たちの幸せを祈ってくれたお坊さん、来場してくれた親戚や友人、そしておじいさんおばあさん。
本当にありがとう。
結婚式を思いだす度に、人に感謝したい気持ちになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村