インレー湖で田舎暮らし

海外移住ブログ。国際結婚→ミャンマーのいなか暮らし。現地での生活、育児、仕事のことなど

インド女一人旅、ぼったくり騙され、危険な目にあった話

私は今はミャンマーに住んでいますが、
日本の大学生だった頃、就職活動を途中でリタイアして(というか始めてもない)旅に出ました。
本当に自分のやりたいことはなんだろう。
遂によくわからなくなって、いわば「自分探し」の旅?です。

14kgにもなったバックパックを背負い、ひとり日本を旅立ちました。
中国で乗り換え、約12時間かけて行く着く先はインドのデリー。

 

 

インド到着。人混みと初めての景色

f:id:hana0905:20170815161540j:plain
肌の黒い人たちの波の中に、顔の白い私。
たくさんの視線が私に向けられているような感じ。
小さな日本人の女の子がひとりきりで、目立つのだろうなと思いました。

空港から地下鉄を使って、いざデリーの街へ。
外に出た瞬間に、もわっとした暑さと排気ガスやほこりなどでにごった空気が私を包みました。
道路はこれでもかというくらい車やリキシャや人で混み合っていて、みんながクラクションを鳴らし続け、すごい騒音。
鼓動が早くなっちゃうくらい新鮮で、初めて目にする景色でした。

「本当にインドにきた。」
色んな初めての感覚を感じ、インドの地に降り立ったことを実感しました。

インドの洗礼?逃れられない詐欺・ぼったくり

f:id:hana0905:20170815161638j:plain
さて混雑している道路へ向かい、リクシャーをつかまえることに。
ホテルの予約は何もしていませんでした。
現地のゲストハウスが集まっているところで見つけようと思って、リクシャーの運転手に街の中心街へ行くように伝えました。
すると「今日は、お祭りだから街に行くまでの道が通れない。」とのこと。
早速、問題に直面。
どうしようかと困っていると、運転手が「知り合いのホテルに連れて行ってあげる。」と言います。
「え、やばいやつ?」
事前に読んでいた『地球の歩き方』に、リクシャーが連れていくホテルは割高で騙されると書いてあったのを思い出し、これは危険だと思いました。
一度、そのリクシャーを断り、他の人にその”お祭り”について聞いてみました。

インド人「確かにお祭りはあるよ、どこに行きたいの?」
私「へー、本当にお祭りあるんだ」

納得できないような不安を感じつつ、どうしても道が通れないというので、どうしようもなくリクシャーに言われるがまま、ホテルに連れて行ってもらいました。

f:id:hana0905:20170815161834j:plain
そして案の定、ツアーデスクに連れて行かれ、ツアーを組まされ、インド初日にして3万円を払う事になりました。
どうしてもホテルに行けないという話を散々され、逃げられませんでした。怖い。
1日目にして、まんまと騙されました。

でも、デリー→タージマハル→マイソールを車で送ってもらい、ホテルも込みだったので、日本人の私からしたら別にちょっと高いけど、払ってもいい金額だ。
と無理やり自分を納得させました。笑

ただそのツアーのガイドしてくれた人が写真に写るのを異様に嫌がったり、一緒に食事をしてくれなかったり、あぁやっぱり悪意を持って騙しているのかな、と思うとやっぱりちょっと悲しくなりました。

自分の国が観光客を騙すことで有名だと言うのに、悪事を続けるなんてプライドないのか!
と思いましたが、プライドなんてものより明日の生活がかかっているのかもれしれないなとも思いました。

インド女一人旅危険多し。オススメできない。

f:id:hana0905:20170815161935j:plain
インド人。優しい人もいます。でも危ない人もいます。
日本人。優しい人もいます。冷たい人もいます。
そんな感じです。

日本は他人に冷たい人はいるけど、決して危険人物は多くないと思うのです。
でも、インド。
優しい人もいるけど、日本だったら犯罪レベルのことを平気でしようとする人も多くいます。 

私はインドに合計4ヶ月間いて、インド人の女友達も男友達もいたけど
正直、日本人の一人旅をしている女性に声をかけるインド人男性なんて99%信じない方がいい。
下心なしで近づいてくる人なんてほぼいない。
私個人的には、インドの女一人旅は気軽に勧められないです。 

旅をしていて思ったのは、気軽に現地の人と仲良くなれないなってこと。
気安く仲良くならない方が身のためだと思っておいた方がいいです。

私は現地の人と仲良くなりたくて、気軽に接していたら危険な目にあいました。
悲しいことだと思ったけど、気軽に話しかけてくるインド人は信じられない。
この国がいつか変わっていくことを本気で願うほどです。

例えば、日本語で話しかけてきたインド人はホテルの私の部屋まで押しかけてきたし、英語で話しかけてきたインド人は建物の影に連れ込もうとしたし、夜行列車で隣の席になったインド人は突然キスしてきた。他にもある。
幸い何もなかったけど、(キスが最悪として)日本人女性は軽いと思われている。

過去にそういう日本人女性が多かったこともあるような話も聞くから、それは残念だけど、とにかくインドに行くなら十分注意が必要。
インドでは日本人女性ってだけで恰好のターゲットになります。

インド女一人旅、まとめ

f:id:hana0905:20170815161241j:plain
私はインド自体を全然嫌いじゃないし、多くの優しくて素晴らしい人々にも出会いました。
その後4回も訪れています。
ただ、自分一人の時をなるべく無くし、すごく気をつけています。

タージマハルの白さは際立って美しいし、ガンジス川の神聖さは行かないと感じられません。
でも、インドは危険な人間がいることや、衛生状態が悪いことも事実です。
初めてインドに行くなら、ツアーに参加したり、インド在住の日本人にサポートしてもらったりした方が無難だと思います。

 

さて、そんなことも知らずに女一人でインドに来た私は、
ストリートチルドレンと出会い、マザーテレサの家でボランティアし、感動したり絶望したり。

f:id:hana0905:20170815161311j:plain
思いを込めて書いていきますね。
次回記事へ。 

D28 地球の歩き方 インド 2017~2018

D28 地球の歩き方 インド 2017~2018