読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インレー湖で田舎暮らし

ミャンマーブログ。国際結婚してインレー湖の田舎町に移住。現地での生活や育児などの日常。

産むことのメリットデメリット

仕事中毒で、結婚にすら全く関心のなかった私。なのに、24歳で結婚・妊娠。しかも、出会って1年経たずのミャンマー人と電撃結婚。 「こいつは一生結婚しないんじゃないか?!」とまわりから思われていたので、子どもを産んだら何が変わった?とよく聞かれま…

出産後の体質が変わったこと、身体の変化

明けましておめでとうございます。と言ってもミャンマーは1月1日が平日なので、私も旦那も仕事は通常営業です。 2016年は初めての出産、愛する娘が誕生した私の人生の中で最も素晴らしい年でした。そんなことがあったので、自分の「産前産後の体質の変化」を…

産後の抜け毛が始まった!旦那さんが慰めてくれました。

産後の抜け毛…噂では聞いていたものの。出産後3ヶ月ほど経ち、シャワーするとすごい量の髪の毛が排水溝に溜まり、髪をとかすとごっそり髪の毛が抜けるようになりました。 毎回毎回びっくりするくらい抜けているので、このままどんどん髪の毛が抜けていって…

赤ちゃんに予防接種させますか?ミャンマーはどうなの?

ミャンマーにも定期予防接種があります。日本の赤ちゃんは2ヶ月になると、予防接種を始めますよね。 【日本:定期の予防接種】ヒブ、小児用肺炎球菌、MR(麻疹・風疹)、四種混合、BCG、水疱 ミャンマーは、上記プラスB型肝炎が定期接種に入ります。

<1ヶ月> 添い乳やめました。ラッコ抱きはじめました。

ほとんどのお母さんは夜寝てくれない赤ちゃんに手を焼いていますよね。私もその1人です。 生まれてすぐ入院中から、夜は自分が楽なので添い乳で寝かしていました。その頃はすぐ寝落ちしてくれるので、手がかからない良い子!と思っていましたが…

<0ヶ月>出産後が一番チャンス!頻回授乳をがんばろう。

するんと安産で生まれてきてくれた娘。私の出産した病院では、出産直後の生まれたての赤ちゃんを私の胸に置き、おっぱいを吸わせました。これは生まれてすぐにおっぱいを吸せることで、その後の母乳分泌が良くなるそうです。娘は出てるんだか出てないんだか…

最小限・最低限!私の出産準備用品

出産準備用品は、全てをちゃんと揃えようと思うとトータル30万円程かかるそうです。 私は産後数ヶ月でミャンマーに帰るので、できるだけ最低限のものしか買いませんでした。さらに譲っていただいたり、作ったりして、とても節約できたと思います。その結果、…

旦那は育休を取得。大事なのは2人で親になるということ。

旦那は出産前から日本に来ていて、出産後も10日間の育休を取りました。赤ちゃんが生まれたての、この感動の日々を一緒に過ごせてよかったと思います。 出産時に立ち会い、陣痛時には腰をさすってくれたり深夜の出産だったので眠そうにしながらもサポートして…

赤ちゃん誕生! 超スピード安産だった私の出産レポート

6月6日に赤ちゃんが誕生しました!記録として出産レポート。 37週から41週6日までが赤ちゃんがいつ生まれてもいい生産期。37週目に入った時からいつ生まれるのかそわそわしていたけど、あっという間に予定日超過。予定日の検診でも「赤ちゃんまだまだ…

妊娠35週目で逆子が直ったー!

実は、妊娠32週目で逆子と言われてました。28週目の検診では大丈夫だったのに、まさかの後期にきて赤ちゃんがぐるんと頭を上にしたみたいです。お医者さんは、「最終的に逆子で出産するのは5%もいないから、次の検診で治ってるといいね。」と言いましたが不…

ミャンマー田舎の病院事情

もうすぐ妊娠8ヶ月に突入です。実は、日本に帰ってきちゃいました。 ミャンマーの田舎病院は、本当に頼りない!どうしてもあの病院で出産する勇気が出ませんでした。以前、デング熱で入院したこともあるのですが、あの時も本当は色々言いたいことがあったの…

妊娠して何もできないことを責めていた自分へ

ミャンマー人の旦那さんと結婚して、子どもが出来たら幸せだろうなと思っていました。しかし妊娠してすぐにつわりがひどくて、毎日何も食べていないのに吐いてしまう日々が続き本当に辛かったです。仕事も家事も何もできなくなった自分を責めていました。何…