インレー湖で田舎暮らし

ミャンマーブログ。国際結婚してインレー湖の田舎町に移住。現地での生活や育児などの日常。

布ナプキンのメリットデメリット。

私は布ナプキン生活を始めて2年、
紙ナプキンをやめて2年。
海外の田舎に移住したのをきっかけに布ナプキンを本格的に始めました。

 

布ナプキンのメリット

私が布ナプキンを始めたのは、紙ナプキンがあまり好きではなかったから。
▼紙ナプキンを辞めた理由

①ゴミが出すぎる
②紙ナプキンの肌触りが苦手
ミャンマーの紙ナプキンの肌触りはもっと苦手 

布ナプキンはゴミが出ないし、エコ!
紙ナプキンの苦手肌触りからも解消されるので、布ナプキンを始めたら紙ナプキンには戻れません。

  

紙ナプキンの経皮毒が心配?

ちなみに紙ナプキンの経皮毒については科学的根拠がないそうです。
https://ameblo.jp/son-mihyon/entry-11877272070.html
『布ナプキンじゃなきゃ危ない』はデマ!?脅し系エコブームに気を付けて。

「ケミカルナプキンの高分子ポリマーが皮膚から吸収されて婦人病を起こす」
「ケミカルナプキンの高分子ポリマーが子宮を冷やして生殖機能を奪う」
はい、どれも嘘です。
布ナプキン布ナプキンで長所があるのにこんな商売目的のトンデモ理論(?)のせいでトンデモの代表になってしまっています。

 

"皮膚から入った化学物質の毒性の問題以前に、皮膚から吸収されるのかという点からして疑問があります。
化学物質(高分子ポリマー) は分子量が小さく皮膚から吸収されやすいため危険だと言われていますが、
調べてみると高分子ポリマーと言われているものの分子量は概ね1万以上であるのに対して
皮膚を通過することができるのは分子量500~600以下という話ですから明らかに桁が違います。
よって、皮膚から吸収されて子宮に留まるというのは考えにくいです。"

  

布ナプキンの効果・体験談

布ナプキンって気になってはいたけど、試せていなかった。
でも、布ナプキンにしたら不快でしかなかった生理が少し楽になりました。

紙ナプキンはたくさんのゴミが出るし、ずっとつけている不快感。。
それらが解消されて、気持ちが楽になりました。
布ナプキンは紙ナプキンと違い、布だからふつうにパンツはいているのと変わらない感覚で不快感なし!
元々生理が重いタイプではないので、生理が軽くなるなどの布ナプキンの効果などはわからないのですが…

ただ、量が多い人や夜間に漏れるのが心配という人は夜用の布ナプキンや厚めの布ナプキンを使うのがおすすめです。
私は汚れたらすぐ替えてしまうので、漏れることはあまりありません。
でも、夜は念のため厚い布ナプキンを使っています。

 

  

布ナプキンのデメリット

私が布ナプキンを始めて思うデメリットは、
布ナプキンは汚れたらすぐに洗いたいこと。
汚れたまま放置するのは、衛生的にも良くないし、外出先ではすぐに洗えなくて困る。
家にいる時にはすぐに洗えるから問題ないけど。

気軽に始めてみたい人は、家では布ナプキン、外では紙ナプキンと使い分けてもいいのかも。
外ですぐに洗えない場合は、袋に入れて持ち帰って洗います。
布ライナーを使うのも良いですね。

 

布ナプキンの洗い方・洗濯方法

汚れたナプキンは基本的に下記の手順ですぐ手洗いしてます。
洗う前に数時間、石けん水などに漬けておくと、汚れが落ちやすくなります。

①水ですすぐ
布ナプキンを水ですすいで、おおまかに汚れを落とします。
ぬるま湯ですすぐとより汚れが落ちやすいです。

②石けんでもみ洗いする
バケツなどの容器に水と石けんや洗剤を入れ、布ナプキンを手でもみ洗いします。

③洗濯機で洗う
手洗いで十分に洗えてないと思ったら、その後に洗濯機に入れて洗います。

⑤日光の下に干す
生乾きだとにおいが気になるので、できるだけ日光にあてて乾かしています。

せっかく布ナプキン使っているんだから、使う洗剤も化学物質が含まれてないものを使っています。

アルカリウォッシュ 1kg

アルカリウォッシュ 1kg

 

布ナプキンや布オムツにも使えるアルカリウオッシュ。
血液などたんぱく質の汚れをみるみる分解します。

国産重曹 5kg【食品添加物】掃除・洗濯・お料理・エコ洗剤

国産重曹 5kg【食品添加物】掃除・洗濯・お料理・エコ洗剤

 

 掃除・洗濯・料理にまで、万能な重曹でも布ナプキンを洗うことができます。

まとめ

紙ナプキンを使うのが当たり前だと思っていたけど、
試してみたら私は布ナプキンの方が好きでした。
不快でしかなかった生理が楽になって、生理中のイライラも減りました。
試したことがない人は、1度試してみてはいかがですか?

 

 

ちなみに、母が布ナプキンなら娘も布おむつです。
↓関連記事

  


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村