インレー湖で田舎暮らし

海外移住ブログ。国際結婚→ミャンマーのいなか暮らし。現地での生活、育児、仕事のことなど

田舎で子育てしているメリットデメリット

日本でも田舎で子育てしたいと思っている人が増えています。
田舎で育児って大変だと思いますか?子どもにとってはどうでしょう?

私は海外の田舎で子育てをしているのですが、日本と共通することも多くその体験談も含めて、
田舎で育児するメリットデメリットを考えてみたいと思います。

 

f:id:hana0905:20170621164906j:plain

田舎で子育て:メリット

田舎で子育てするメリットは何があるでしょうか?
田舎の子育てするメリットを3つ紹介します。

田舎は自然と触れ合う機会が多い

最大のメリットとして、田舎では自然とともに暮らせます。
これを目的として田舎移住する人も多いのではないでしょうか。

私自身は工業団地で生まれ育ったので、父の実家の田舎に帰省した時には畑の野菜を食べたり、山登りをしたり、自然とのふれあいがとても楽しかったことを覚えています。

都会には区切られた公園などがありますが、狭い公園にいつも人がいっぱい。
のびのびと遊ぶことはなかなかできません。

子どもがのびのびと自然とふれあうことは、美しい自然なとともに感性を育むことができ、脳の発達にも良いらしい!
田舎で生まれ育った旦那は、木にも登れるし、虫が一切怖くないし、自然の中を生き抜く知恵を心得ています。

f:id:hana0905:20170718195317j:plain

田舎は生活費が安い

都会に比べると田舎の方が生活費が安いはずです。
子どもがいると、やはり家計には気を使います。
同じ家賃だったら、都会ならワンルームのところ、田舎なら一戸建てを借りられるというくらいの安さも。
私は日本の東京に住んでいたのですが、田舎に移住した友人に家賃を聞いたら、同じような広さの家で10倍近く値段が違っていてとても驚きました。

そして、主に生鮮食品なども都会より田舎の方が安い。
田舎では野菜などを作っている場所が近く、それだけ新鮮で安く食品を手に入れることもできます。

週末移住からはじめよう:田舎に小さな家をもつ2拠点ライフ

週末移住からはじめよう:田舎に小さな家をもつ2拠点ライフ

 

 

都会のような誘惑がない 

田舎には何もないようなイメージもありましたが、実際に田舎に来てみると、逆にこれが大きなメリットだなと感じます。
都会にいる時は、様々なイベントがあったり、大きなショッピングモールにはたくさんの商品があったり。
以前は、子どものイベントには参加した方が良い、子どもにはたくさんの物を与えないとかわいそう、など都会ににいるとついつい欲深くなりがちでした。 

でも、田舎に来ればそういった誘惑がありません。
手に入らないものは欲しくならないし、都会にあるものがなくても子どもはまわりの自然や畑で思いっきり楽しんでいます。 

田舎は、やはりのんびりした空気が流れています。
大人にとっても、この誘惑がないのは「足るを知る」という意味でも、欲が刺激されないので心も穏やかでいられます。

f:id:hana0905:20170621170328j:plain 

田舎で子育て:デメリット

田舎での子育てのメリットを紹介しましたが、次はデメリットについても考えてみます。

田舎での仕事はどうするか?

メリットのところで、生活費が安いと書きましたが、基本的な賃金も安い傾向にあります。
日本でも田舎や地方は都会と比べると最低賃金が低い。
仕事は生活して行くのには必須なので、田舎に転職する場合は給料の面も事前に調べておく必要があるでしょう。
子どもはやはりお金がかかるので、生活費が安いといっても仕事がなければ困ります。

最近では、パソコンひとつで仕事をしているフリーランスの方が田舎へ移住することも話題になっていますね。
田舎でできる仕事というのは、都会に比べると選択肢は狭まります。

f:id:hana0905:20170718195514j:plain

田舎の移動は車やバイクが必要

田舎には電車やバスなどの交通機関が頻繁になかったりするので、どこに行くにも車やバイクが必要。
ちょっと電化製品を買いに行きたい時や、育児用品などを買いに行く時にも車で時間をかけていく必要あります。

でも、最近ではインターネット通販で田舎まで届く地域もあるので、通販を活用すると田舎生活はグンと便利になるかもしれません
子どもがいると毎回毎回、遠出するのもなかなか難しいことがあります。
田舎にはモノがあふれていない素晴らしさもありますが、必要な物が全てすぐに手に入るとは限りませんね。

子どもが都会に憧れる?

f:id:hana0905:20170621171913j:plain
私は基本的に都会で育ったので、都会に憧れることはありませんでした。
しかし、田舎で育った友人などに聞くと「1度は東京とか都会に住んでみたい!」と子どもの頃から思っていたそうです。

確かに、田舎で生まれ育ったら都会に憧れることもあるでしょう。
でも、都会をあまりに理想化しすぎた根拠のない憧れは子どもにとっては良いとは言えません。
都会に行きたいという気持ちばかり持っていては、田舎の素晴らしさに気づけなくなるかも。
中学生くらいになると「田舎なんて」と嫌厭する人もいますよね。

私自身は、基本的には都会に育ち、数年だけ父の田舎に住んでいました。
都会も田舎も経験した上で、自分は田舎が好きだなぁと感じています。
子ども自身が、都会と田舎の両方を中立な立場で見られるといいですね。

田舎での子育てまとめ

f:id:hana0905:20170718195624j:plain
私は田舎で子育てを実践していますが、都会にはないメリットもたくさん感じてます。
上に書いたような子どもにとってのメリットももちろん多くあります。
しかしデメリットがないわけではありませんね。 

私たち夫婦は自然が大好きで、少しの不便くらいは苦にならないタイプなので、田舎暮らしが合っているみたいです。
子どもにも自然に囲まれてのびのび育ってほしいと思っています。

たまーに都会に行くと、人が多すぎて忙しい空気の中で目が回りそうになってしまいます。
でも、都会にはやはり情報が集まっているし、色々と便利ですよね。

あなたの家族と我が子には、田舎と都会とどちらが合っているのか考える参考になれば嬉しいです。 

生きる場所を、もう一度選ぶ 移住した23人の選択(しごとのわ)

生きる場所を、もう一度選ぶ 移住した23人の選択(しごとのわ)