インレー湖で田舎暮らし

ミャンマーブログ。国際結婚してインレー湖の田舎町に移住。現地での生活や育児などの日常。

夫婦で一緒に働くって最強だと思う

私たち夫婦は同じ会社で仕事をしています。毎日毎日一緒に働いています。「夫婦で仕事するなんて無理!」という人が大多数ですが、「夫婦で一緒に働けるなんていいよなぁ」という人も少なからずいます。 私たちは、夫婦で一緒に仕事するって最強だと思ってい…

インレー湖観光。ツアーの見どころ紹介。

インレー湖(のほとりの町)に住んでいる唯一の日本人です。久しぶりにインレー湖の観光に行ったので、ツアーレポートです。 ミャンマー、インレー湖の観光ハイシーズンは? インレー湖ボートツアーの観光場所 五日市 インダー族の水上生活、浮き畑 絹織物工…

東南アジアではよく食べられているスーパーフード

ミャンマーや東南アジア周辺では、結構頻繁に食べられているモリンガ。現地でも「健康にいい」とされていて、薬などにも利用されます。 ちなみにうちの裏庭にも自生しています。日本でもスーパーフードとして注目されつつあるモリンガの栄養・効能や食べ方を…

田舎で子育てしているメリットデメリット

日本でも田舎で子育てしたいと思っている人が増えています。田舎で育児って大変だと思いますか?子どもにとってはどうでしょう? 私は海外の田舎で子育てをしているのですが、日本と共通することも多くその体験談も含めて、田舎で育児するメリットデメリット…

海外Wifiルーターの業界最安値はどこ?

海外でインターネットをすると言えば、Wifiのあるホテルやカフェを探すことが多いと思います。でも、「町を歩きながらだってインターネットを使いたい!」と思っているのは私だけじゃないはず。 そこで、気になるのは海外でも使えるWifiルーター。今回は、業…

仕事と育児の両立。ワーキングママへおすすめの本。

出産前は、まわりにワーカホリックだと言われるくらい仕事ばかりしていた私。多くのお母さんたちが悩むように私も子どもができてから、育児と仕事の両立って難しいなぁと痛感しています。 そんな育児と仕事の両立に悩む、ワーキングママに届けたいおすすめ書…

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる子育て方法

私も1歳娘の母ですが、子育てって何が本当に良いのだろうとつい悩んでしまいます。育児についてたくさんの情報がある中で、『いまの科学で「絶対にいい! 」と断言できる 最高の子育てベスト55―――IQが上がり、心と体が強くなるすごい方法』という本を見つけて…

世界の子どもたちを救う

私は、学生の頃に発展途上国を旅したことが人生にとって大きな気づきを与えてくれました。その中で、出会う子ども達が私の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません。 発展途上国で出会った子どもたちは決して裕福ではない子たちばかり。貧困に苦しみ…

赤ちゃんの離乳食と母乳

離乳食や育児について、色んな育児法や~式とかあってお母さんは悩んでしまうかもしれません。私も離乳食をいつ始めたらいいか、どうやって進めるのか。母乳はいつ辞めるべきなのか、卒乳・断乳ってどうしたらいいのか。など悩むことは多くありました。 色ん…

身体の毒素を出す食べ物

自分の身体は自分の食べているものでできています。"身体の毒を出すために食べる "という考えは東南アジアでもよく聞きます。これは日本語の「医食同源」や「デトックス」と同じ意味。 身体をつくっているのは自分が食べているものということを意識して、食…

ミャンマーではよく食べられているヒマワリの種

ひまわりの種はミャンマーでは、おやつとしてよく食べられています。中国や東南アジアでは食用として、健康や美容にも効果がある人気の食品。 私も始めは食べ方が分からず食べなかったのですが、実はひまわりの種は栄養豊富!ひまわりの種の食べ方や、栄養価…

石けんを使わない、肌断食のススメ

肌断食とは、基礎化粧品や化粧水、クレンジングなどあらゆる化粧品類を一切使わないこと。宇津木流スキンケアとも呼ばれ、洗顔も水だけでするという究極にシンプルな方法。 1年以上の期間、宇津木流スキンケア・肌断食を行っていたのでブログで効果や方法な…

布ナプキンのメリットデメリット。

私は布ナプキン生活を始めて2年、紙ナプキンをやめて2年。海外の田舎に移住したのをきっかけに布ナプキンを本格的に始めました。 布ナプキンのメリット 紙ナプキンの経皮毒が心配? 布ナプキンの効果・体験談 布ナプキンのデメリット 布ナプキンの洗い方・洗…

暑すぎて40℃の発熱。

日本も梅雨が明けると、どんどん暑くなってきますよね。暑くなってくると、心配なのが熱中症や日射病。 実は、生後10ヶ月の娘も外気温40度の灼熱の中、熱射病の症状であるうつ熱になりました。 クーラーのないミャンマーの田舎で、かわいそうなことしてしま…

離れて暮らす母へ。母の日に。

海外移住すると、日本の家族にはなかなか会えなくなります。母に孫の顔を見せてやることもなかなかできず、申し訳ない…。 もうすぐ母の日なので何かしたいな~と思い、見つけたのがフォトスタンドやフォトブック。 インターネットで注文して、母のところまで…

野菜や果物の農薬が気になる!落とす方法を試してみた。

ミャンマーの田舎町に住んでいるhanaです。田舎って聞くと、野菜が美味しそうなイメージですが。 この地域で野菜を作っている村人は、農薬を使う量がとっても多いんです。理由は単純で、たくさん使った方が虫がこないから。 というわけで、残留農薬を落とす…

産むことのメリットデメリット

仕事中毒で、結婚にすら全く関心のなかった私。なのに、24歳で結婚・妊娠。しかも、出会って1年経たずのミャンマー人と電撃結婚。 「こいつは一生結婚しないんじゃないか?!」とまわりから思われていたので、子どもを産んだら何が変わった?とよく聞かれま…

2017年ミャンマー水かけ祭りの季節がやってきます。

4月になりましたね。ミャンマーでは、4月と言えば旧正月。今年も水祭りの時期がやってきます。私もミャンマーで3回目の水祭りになります。 ミャンマー中が大騒ぎになる、1年間で一番大きなミャンマーの行事です。 2017年水祭りのスケジュール期間 ミャンマー…

旅行に来るなら知っておきたいミャンマーのタブー。

住んでいて教わったミャンマーのタブーやマナーをご紹介したいと思います。知らなかったり、知っててもやってしまったりして、私もいまだにまわりのミャンマー人から注意されることも。。 ミャンマー旅行・生活の参考にしていただければ嬉しいです。 頭が大…

インレー湖で1番おいしい日本料理店

ミャンマーに住んでいたり、長く旅行すると恋しくなる「日本食」…油っこいミャンマー料理とは対極にある日本料理。 私の住んでいるインレー湖ほとりの町「ニャウンシュエ」にも食べたいと思える日本食レストランがあります。 その日本料理店とは「NOZOMI(の…

我が家のミニマリストライフが終わった日。マキシマリストの娘。

自分はミニマリストだって思って生きていました。 ミャンマーに移住する時に持ってきたのは、90Lのスーツケースひとつ。 それから自分のモノはほとんど増えてません。 ミャンマーの田舎に住んでみたら、さらに買いたいと思うものがなくて物欲を全く刺激され…

子育て中のお母さんにこそアドラーを読んでほしい

日本に帰ったら絶対買おうと思っていた、「嫌われる勇気」と「幸せになる勇気」。哲学や心理学に興味があったので、ずっと読みたかったのです。 いざ読んでみた感想は、生後9ヶ月の子育てをしている私にとってまさにためになる!!この「嫌われる勇気」と「…

ミャンマーの田舎に移住。家族3人の家計簿を大公開!

こんにちは!ミャンマーの田舎町ニャウンシュエに住んでいる、たったひとりの日本人です。ミャンマー田舎移住を考える人の参考になるかと思い(ならないかも)ミャンマー田舎暮らし、家族3人の家計簿を大公開です。 ▼ミャンマー海外移住、家族3人の生活費 …

ブログを書くメリット。やっててよかったポイント4つ

ブログを始めて1年が経ちました。これからもマイペースに継続していきます!育休中になんとなく始めたブログですが、書いてみたら面白かったので、ブログをやっててよかったポイントをまとめてみました。 リアルの生活もおもしろくなった 頭の整理ができて、…

ミャンマービザの滞在期間・料金が変更されました。(2016年12月〜)

2016年12月2日付でミャンマービザの滞在期間・料金が改定されました。何の事前予告もなく突然の規定変更。さすがミャンマー。 観光ビザが4,000円→5,200円。ビジネスビザ(1年のマルチビザ)が24,000円→63,700円。など。ビザ料金が大幅な値上げ。でも、滞在期…

おむつなし育児。おまる×布おむつで生後5ヶ月から実践中。

アメブロの方にも少し書いたのですが、おむつなし×おまるの記事だけで、1日8万以上のアクセスがありました。 こちらにはもう少し詳しく「おまる×布おむつ」育児について書こうと思います。 うちの娘は生後5ヶ月から、おまるでうんちをしています。 日本では…

WowBaby ワオカップベビーの使い方。日本の超便利グッズ。

絶対使える!と思って、日本から買ってきた「ベルニコ WowBaby ワオカップベビー」口コミやレビューを見ていると、マイナスコメントもあって上手く使えないお子さんもいるみたいですがうちの娘は、生後6ヶ月から飲みこなしていて超便利です! ベルニコ WowBa…

ミャンマーの少数民族の結婚式

ミャンマーの田舎町ニャウンシュエで唯一の日本人として暮らしているhanaです。 さて先日、うちのスタッフの結婚式へ行ってきました。彼はパオ族という、ミャンマーの少数民族のひとり。 ミャンマーには300以上の少数民族がいると言われています。それぞれの…

ウエスタンユニオンでミャンマーまで国際送金してみた。

日本からミャンマーへの国際送金にウエスタンユニオンを使ってみたので、体験レポートです。 ウエスタンユニオンは世界200以上の 国と地域、50万ヶ所以上にあるウエスタンユニオン海外送金・受取が可能な便利なサービスです。 以前はセブン銀行から送金した…

ミャンマーの田舎町で結婚式

ミャンマー人の旦那と結婚して1年ちょっと過ぎました。私と旦那は地味なので、日本でよくある豪華な結婚式はしていません。 自分たちの住んでいる町で、普通の田舎に住むミャンマー人がするような結婚式を挙げました。ふと思いだしたので、書き残したいと思…

年に1回のニャウンシュエ最大の寄付祭り

私が住んでいるインレー湖ほとりの町、ニャウンシュエで1年に1回の「大寄付祭り」が行われました。 インレー湖周辺の僧侶が一堂に会し、なんと会場には1000人以上のお坊さん! その1000人のお坊さんに、みんなで寄付(布施)をしようというお祭りです。

ミャンマー住むのに賄賂払ってますか?

私はミャンマーの観光地である、「インレー湖」ほとりのニャウンシュエ町に住んでいます。入国管理局に正式に登録してもらって、正式に住んでいる唯一の日本人です。(2017年5月現在) ミャンマーの賄賂事情に出くわしたので、ここに愚痴ります。書き残して…

ヤンゴンに携帯を置き忘れたら返ってくるか

基本的にミャンマー人は優しくて穏やかな性格な人が多いと思っています。財布を置き忘れても、携帯を置き忘れても、返ってくることが多い世界中では数少ない国だと思っています。比較的治安の良い国なはず…。 日本人で悪気があって他人が置き忘れたものを盗…

アメブロの公式トップブロガー始めました!

この度、僭越ながらアメブロのトップブロガーとしてブログを書かせていただくことになりました。 ブログを始めて1年足らず。気ままに書いていたブログを見つけてくださり、ありがたいことにアメブロ(サイバーエージェント)の方から声をかけていただきまし…

ミャンマーのバレンタインデーにはまさかの贈り物

2月になりましたね、もうすぐバレンタインデー! 最近では、ミャンマー国民にもバレンタインデーが浸透してきているみたいです。バレンタインデー当日には、カップルがプレゼントを贈り合ったり、ペアルックで町をデートしている姿をよく見かけます。 日本で…

近所の貧しい子どもたちとの付き合い方

ミャンマーの田舎町に住んでいます。近所に貧しい子ども達がいます。 私が住んでいるところはスラム街とかではなく、いたって普通の住宅地です。しかし、前から気になっていた2軒先の家の子ども達。 貧しい子どもたちとは関わるな? 子どもに責任はない 貧し…

<6ヶ月>離乳食開始。初めて39度超えの発熱。

娘も生後6ヶ月になり、ますます自分でやりたい気持ちが強くなってきたみたいです。 「きゃーーーーー!!!」とか「わぁーーーーー!!!」とか耳をふさぎたくなるくらいの大きな声で叫ぶようになりました。こんな小さな身体からこんな大きな声が出るなんて…

日本で子育てするの辛すぎません?

1月11日の朝日新聞の掲載記事を見て、心が痛いです。 店内でいきなり授乳に戸惑う大学院生 草野萌(神奈川県 23) 私はショッピングセンターにある飲食店で、アルバイトをしている。ベビーカーを持って入れる店なので、乳幼児や小さな子どもを連れた母親の…

ミャンマー国内線のヤンゴン新ターミナル!

2016年12月からヤンゴンの国内線ターミナルが新しくなりました!出張でヘーホーからヤンゴンまで飛行機を利用したので、新ターミナルのレポートです。今までは国際線ターミナルの隣のボロい建物だったのですが、新ターミナル(ターミナル3)は近代的でとって…

祝われない誕生日もわるくない

先日、誕生日を迎えました。これからは20代後半になります。まだまだ全然大人になれてないなぁ。 私は、誕生日祝われたいという気持ちはあまり強くないのですが…ミャンマーでは、基本的に誕生日の人は祝われません。(都会ではお誕生日会やパーティする人も…

中央大学に懇願書を書いたのは私だ。

最近、休学費用についてのニュースを見ました。ある女子大の休学費用が高すぎるということで、学生のひとりが休学費減額を求めて懇願書を出したという話し。 そういえば、私も中央大学在籍中に「中央大学の休学費が高すぎる」と休学費減額の懇願書を学長に提…

ニャウンシュエに夜のマーケットがオープン!

2016年、1月7日にニャウンシュエに夜のマーケット(夜市場)がオープンしました!オープン初日のオープニングセレモニーに行ってきました。 場所はMTT船着き乗り場の手前、郵便局の近くです。独立記念碑(青いタワー)のある大きな広場です。

布おむつのメリットデメリット

ミャンマーでは紙おむつが、日本の2倍以上の値段がします。富裕層しか使えない便利品なのです。そもそもおむつとかしてない子が多い…普通にズボンだけ履いてて、おしっこやうんちをしたら服を着替えてます。 紙おむつは高いしゴミが大量に出るので、娘は日…

出産後の体質が変わったこと、身体の変化

私の場合、初めての出産を経て体型体質の変化がありました。出産を経験する多くの女性にとって、出産後の変化があります。出産して約半年が経った「産前産後の変化」を振り返りたいと思います。 出産後はなぜか疲れやすい 骨盤が痛い、ずれてる? 便秘体質が…

クリスマスも新年も、全然浮かれることはない。

そういえば、今日はクリスマスイブなんですねー。ミャンマーでは基本的に、クリスマスも新年も、祝日ではなく、普通の日です。なので、浮かれることなく普通に過ぎ去っていきます。クリスマスがひとりで寂しい人は、ミャンマーに来たらクリスマスを忘れられ…

福利厚生がユニークすぎるベンチャー企業の制度10選!

会社の新しい福利厚生を考えていて、調べていたら面白い制度を導入している会社が日本にはたくさんあるんですねー。ベンチャーらしい仕事もプライベートも充実させるようなユニークな制度の数々。 思わず、「こんな会社で働きたい!」と思ってしまいます。特…

育休中に仕事ってできるの?勤務時間や給与はどうなる?

育休中に仕事することできると知っていましたか?私は、現在育休中ですがやらなければならないことが次々と出てくるので、育児の合間に仕事しています。 育休中は、育児休業給付金(育休給付)として、育児休業前の1ヶ月当たりの賃金の67%、6か月経過後は5…

仕事をしているけど、子離れできないしたくない

「ワンオペ育児」つらい。を乗り越えて、お手伝いさんや近所のおばさんに娘の面倒を見てもらうことになったのですが、ひとつだけ問題が…。 きっと保育園に子どもを預けているママも同じ気持ちなのだろうけど、今度は「子どもと離れるのがつらい。」 娘は完全…

ワンオペ育児って何?主婦に休みはないのですか。

最近「ワンオペ育児」という言葉を知りました。意味は、飲食店などの店舗を従業員がひとりでまわす「ワンオペ(ワンオペレーション)」から派生した言葉らしいです。 家事育児などを全てひとりでこなすなんてって無理でしょ。私も「ワンオペ育児」が辛いと思…

定番のおすすめミャンマー料理10選。

ミャンマー(ビルマ)料理と聞いて、どんなイメージですか?辛い?まずい?油っぽい?馴染みのある日本人はあまりいないかもしれません。ミャンマー料理の特徴は、中国・タイ・バングラデシュなど多くの国に囲まれているため、それぞれの国の影響を少しずつ…