読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インレー湖で田舎暮らし

ミャンマーブログ。国際結婚してインレー湖の田舎町に移住。現地での生活や育児などの日常。

子育て中のお母さんにこそアドラーを読んでほしい

日本に帰ったら絶対買おうと思っていた、「嫌われる勇気」と「幸せになる勇気」。哲学や心理学に興味があったので、ずっと読みたかったのです。 いざ読んでみると、生後9ヶ月の娘を育てている私にとってまさにためになることが書いてありました。この「嫌わ…

ミャンマーの田舎に移住。家族3人の家計簿を大公開!

こんにちは!ミャンマーの田舎町ニャウンシュエに住んでいる、たったひとりの日本人です。ミャンマー田舎移住を考える人の参考になるかと思い(ならないかも)ミャンマー田舎暮らし、家族3人の家計簿を大公開です。 ▼ミャンマー田舎在住、家族3人の家計簿 …

ブログを書くメリット。やっててよかったポイント4つ

ブログを始めて1年が経ちました。これからもマイペースに継続していきます!育休中になんとなく始めたブログですが、書いてみたら面白かったので、ブログをやっててよかったポイントをまとめてみました。 リアルの生活もおもしろくなった 頭の整理ができて、…

ミャンマービザの滞在期間・料金が変更されました。(2016年12月〜)

2016年12月2日付でミャンマービザの滞在期間・料金が改定されました。何の事前予告もなく突然の規定変更。さすがミャンマー。 観光ビザが4,000円→5,200円。ビジネスビザ(1年のマルチビザ)が24,000円→63,700円。など。ビザ料金が大幅な値上げ。でも、滞在期…

おむつなし育児。おまる×布おむつで生後5ヶ月から実践中。

アメブロの方にも少し書いたのですが、おむつなし×おまるの記事だけで、1日8万以上のアクセスがありました。 こちらにはもう少し詳しく「おまる×布おむつ」育児について書こうと思います。 うちの娘は生後5ヶ月から、おまるでうんちをしています。 日本では…

WowBaby ワオカップベビーの使い方。日本の超便利グッズ。

絶対使える!と思って、日本から買ってきた「ベルニコ WowBaby ワオカップベビー」口コミとか見ていると、使えないお子さんも多いみたいですがうちの娘、生後6ヶ月から飲みこなしていて超便利です! ベルニコ WowBaby ワオカップベビー・グリーン 出版社/メ…

ミャンマーの少数民族の結婚式

ミャンマーの田舎町ニャウンシュエで唯一の日本人として暮らしているhanaです。 さて先日、うちのスタッフの結婚式へ行ってきました。彼はパオ族という、ミャンマーの少数民族のひとり。 ミャンマーには300以上の少数民族がいると言われています。それぞれの…

ウエスタンユニオンでミャンマーまで国際送金してみた。

日本からウエスタンユニオンを使ってみたので、体験レポートです。 ウエスタンユニオンは世界200以上の 国と地域、50万ヶ所以上にあるウエスタンユニオン海外送金・受取が可能な便利なサービスです。 以前はセブン銀行から送金したのですが、セブン銀行のカ…

ミャンマーの田舎町で結婚式

ミャンマー人の旦那と結婚して1年ちょっと過ぎました。私と旦那は地味なので、日本でよくある豪華な結婚式はしていません。 自分たちの住んでいる町で、普通の田舎に住むミャンマー人がするような結婚式を挙げました。ふと思いだしたので、書き残したいと思…

年に1回のニャウンシュエ最大の寄付祭り

私が住んでいるインレー湖ほとりの町、ニャウンシュエで1年に1回の「大寄付祭り」が行われました。 インレー湖周辺の僧侶が一堂に会し、なんと会場には1000人以上のお坊さん! その1000人のお坊さんに、みんなで寄付(布施)をしようというお祭りです。

ミャンマー住むのに賄賂払ってますか?

私、ミャンマーの観光地「インレー湖」ほとりの田舎町に住んでいます。入国管理局に正式に登録してもらって、正式に住んでいます。 ヤンゴン以外の地域の在住登録って結構面倒くさくないですか?ヤンゴンは外国人だらけなので役所も慣れていて手続きはスムー…

ヤンゴンに携帯を置き忘れたら返ってくるか

基本的にミャンマー人は優しくて穏やかな性格な人が多いと思っています。財布を置き忘れても、携帯を置き忘れても、返ってくることが多い世界中では数少ない国だと思っています。 日本人で悪気があって他人が置き忘れたものを盗ろうと思う人がほぼいないです…

アメブロの公式トップブロガー始めました!

この度、僭越ながらアメブロのトップブロガーとしてブログを書かせていただくことになりました。 ブログを始めて1年足らず。気ままに書いていたブログを見つけてくださり、ありがたいことにアメブロの方から声をかけていただきました! 相変わらず、気ままに…

ミャンマーのバレンタインデーにはまさかの贈り物

2月になりましたね、もうすぐバレンタインデー! 最近では、ミャンマー国民にもバレンタインデーが浸透してきているみたいです。バレンタインデー当日には、カップルがプレゼントを贈り合ったり、ペアルックで町をデートしている姿をよく見かけます。 日本で…

近所の貧しい子どもたちとの付き合い方

ミャンマーの田舎町に住んでいます。近所に貧しい子ども達がいます。 私が住んでいるところはスラム街とかではなく、いたって普通の住宅地です。しかし、前から気になっていた2軒先の家の子ども達。 貧しい子どもたちとは関わるな? 子どもに責任はない 貧し…

<6ヶ月>離乳食開始。初めて39度超えの発熱。

娘も生後6ヶ月になり、ますます自分でやりたい気持ちが強くなってきたみたいです。 「きゃーーーーー!!!」とか「わぁーーーーー!!!」とか耳をふさぎたくなるくらいの大きな声で叫ぶようになりました。こんな小さな身体からこんな大きな声が出るなんて…

日本で子育てするの辛すぎません?

1月11日の朝日新聞の掲載記事を見て、心が痛いです。 店内でいきなり授乳に戸惑う大学院生 草野萌(神奈川県 23) 私はショッピングセンターにある飲食店で、アルバイトをしている。ベビーカーを持って入れる店なので、乳幼児や小さな子どもを連れた母親の…

ミャンマー国内線のヤンゴン新ターミナル!

2016年12月からヤンゴンの国内線ターミナルが新しくなりました!出張でヘーホーからヤンゴンまで飛行機を利用したので、新ターミナルのレポートです。今までは国際線ターミナルの隣のボロい建物だったのですが、新ターミナル(ターミナル3)は近代的でとって…

祝われない誕生日もわるくない

先日、誕生日を迎えました。これからは20代後半になります。まだまだ全然大人になれてないなぁ。さて、ミャンマーでは、基本的に誕生日の人は祝われません。(都会ではお誕生日会やパーティする人も増えているみたいですが) 一般的にミャンマーで誕生日を迎…

中央大学に懇願書を書いたのは私だ。

最近、休学費用についてのニュースを見ました。ある女子大の休学費用が高すぎるということで、学生のひとりが休学費減額を求めて懇願書を出したという話し。 そういえば、私も中央大学在籍中に「中央大学の休学費が高すぎる」と休学費減額の懇願書を学長に提…

ニャウンシュエに夜のマーケットがオープン!

2016年、1月7日にニャウンシュエに夜のマーケット(夜市場)がオープンしました!オープン初日のオープニングセレモニーに行ってきました。 場所はMTT船着き乗り場の手前、郵便局の近くです。独立記念碑(青いタワー)のある大きな広場です。

布おむつのメリットデメリット

ミャンマーでは紙おむつが、日本の2倍以上の値段がします。富裕層しか使えない便利品なのです。そもそもおむつとかしてない子が多いな…普通にズボンだけ履いてて、おしっこやうんちをしたら服を着替えてます。 紙おむつは高いしゴミが大量に出るので、娘は…

出産後の体質が変わったこと、身体の変化

明けましておめでとうございます。と言ってもミャンマーは1月1日が平日なので、私も旦那も仕事は通常営業です。 2016年は初めての出産、愛する娘が誕生した私の人生の中で最も素晴らしい年でした。そんなことがあったので、自分の「産前産後の体質の変化」を…

クリスマスも新年も、全然浮かれることはない。

そういえば、今日はクリスマスイブなんですねー。ミャンマーでは基本的に、クリスマスも新年も祝日ではなく、普通の日です。なので、浮かれることなく普通に過ぎ去っていきます。クリスマスがひとりで寂しい人は、ミャンマーに来たらクリスマスを忘れられる…

福利厚生がユニークすぎるベンチャー企業の制度10選!

会社の新しい福利厚生を考えていて、調べていたら面白い制度を導入している会社が日本にはたくさんあるんですねー。ベンチャーらしい仕事もプライベートも充実させるようなユニークな制度の数々。 思わず、「こんな会社で働きたい!」と思ってしまいます。特…

育休中に仕事ってできるの?勤務時間や給与はどうなる?

育休中に仕事することできると知っていましたか?私は、現在育休中ですがやらなければならないことが次々と出てくるので、育児の合間に仕事しています。 育休中は、育児休業給付金(育休給付)として、育児休業前の1ヶ月当たりの賃金の67%、6か月経過後は5…

仕事をしているけど、子離れできないしたくない

「ワンオペ育児」つらい。を乗り越えて、お手伝いさんや近所のおばさんに娘の面倒を見てもらうことになったのですが、ひとつだけ問題が…。 きっと保育園に子どもを預けているママも同じ気持ちなのだろうけど、今度は「子どもと離れるのがつらい。」 娘は完全…

ワンオペ育児って何?主婦に休みはないのですか。

最近「ワンオペ育児」という言葉を知りました。飲食店などの店舗を従業員がひとりでまわすこと「ワンオペ(ワンオペレーション)」から派生した言葉らしいです。 家事育児などを全てひとりでこなすなんてって無理でしょ。私も「ワンオペ育児」がつらいと思う…

定番のおすすめミャンマー料理10選。

ミャンマー料理と聞いて、馴染みのある日本人はあまりいないかもしれません。ミャンマーは中国・タイ・バングラデシュなど多くの国に囲まれているため、それぞれの国の影響を少しずつ受けた多彩なメニューが存在します。今回は、ミャンマーに来たらぜひ試し…

仏のような旦那は虫も殺さない

大切な命の話しだけど、ちょっぴり愚痴です。 生き物を殺すことは「殺生」といい、仏教では大きな罪とされています。 旦那さんは仏教徒なので、その思想沿って生き物に優しく、虫にも優しく接しています。生き物を殺さないことはもちろんのことだと思うのだ…

世界がもっと優しくなるために、私が1番好きな映画を世界中の全ての人に見てもらいたい

世界中の全ての人に見てほしいと思った映画があります。きっと見た人は優しい気持ちになります。そして、人にも優しくなれるはず。そして、世界も変えていけるかもしれない。 「もし自分の手で世界を変えたいと思ったら、何をする?」 恩返しではなく、「恩送…

世界一寄付しているのはミャンマー人。他人が幸せになるということは、自分が幸せになるということ。

ミャンマーは世界で一番、寄付をしている国だそうです。 140か国を対象にCharities Aid Foundationが調査を行った世界寄付指数(WorldGivingIndex)2016で、ミャンマーは3年連続の世界一に輝いた。調査項目は寄付、他人への手助け、ボランティア活動などで、2…

ソーシャルビジネス本24選!社会貢献を仕事にしたい人におすすめ。

ミャンマーでBOPビジネスを起業したハナです。いわゆるソーシャルビジネス。私がミャンマーで起業するために、社会起業家やソーシャルビジネス系の本をたくさん読み漁った中でおすすめを紹介します! ソーシャルデザイン 男性起業家 女性起業家 BOPビジネス…

<5ヶ月>風邪引いたりベッドから落ちたりトラブル続き。よく笑いよく叫ぶ元気な娘に勇気づけられる。

できることも増えてきた5ヶ月の赤ちゃん。昨日できなかったことが今日できるようになって、トラブルも多い時期なんですよね。ミャンマーに帰ってきてから、娘も身体が慣れていないし、私もこっちの環境に慣れてなくてトラブル続きでした。

とっさに使える基本のミャンマー語 50選

ミャンマーを旅行する時に、ミャンマー語をちょっと使えると旅がもっと楽しくなるかも!現地の人たちもちょっとだけでもミャンマー語を使うと喜んでくれると思います。知っておくと、とっさに使えそうな基本の【ミャンマー語50選】を紹介します~ 基本の挨拶…

(閲覧注意)うちのホワイトボードの裏に住み着いた衝撃的な生物

ある日突然、家にあるホワイトボードと壁の隙間から鳴き声がしたんです。しかもすごく大きな鳴き声。 子どもが目を覚ましてしまうほどの声量。私も、背筋がゾクってなるくらいびっくりしました。 旦那に聞いてみると、「タウッテー」とのこと。「タウッテー…

強制退国か、難関のビザ取得か

【2016年12月〜ミャンマービザ規定の変更がありました。最新情報は下の記事からどうぞ!】 ---- 実は、ミャンマーの家族ビザ(ソーシャルビザ)の更新に手こずってました。家族ビザの有効期限は28日間。その間にビザの延長手続きを完了させる必要があります。 …

【在ミャンマー大使館より緊急メール】治安情勢について(追記あり)

在ミャンマー大使館より緊急メールがありました。これは、大使館に在留届を出しているミャンマー在住者向けに連絡されているものですが、ミャンマーの治安情報なのでシェアします。 2016年11月17日・20日に、ヤンゴンの人が集まる商業施設で爆発がありました…

生後5ヶ月の赤ちゃんを落下させてしまった。本当に反省。

「赤ちゃんがベッドやソファから落ちてしまった。」「子どもが転んで頭を打ってしまった。」 よく聞く話ですが、まさか自分がやってしまうなんて思いませんでした。 とても反省と後悔しているので、戒めの意味も込めてこの日のことをブログに残します。 子ど…

39度の高熱。ママが倒れたら家庭がまわらない。

朝起きると体全体が痛い。身体中の関節痛。風邪? 娘が生まれて日に日に重くなっていく彼女をいつも抱っこしているので、腰や腕などはよく痛くなっていたが、この痛みは明らかに違う。 全身が関節痛のような痛み。これから熱が出たらやばいと思っていました…

この国で、お金の使い方を考える。

何か買ったり、お金を使う時にいつも、ふっと心をよぎることがあります。私が軽い気持ちで使うお金は、誰かが死ぬほど欲しいお金かもしれない。ミャンマーにいるとそんなことを考えさせられ、お金を使うことに慎重になることがあります。 いつも、心をよぎる…

ミャンマー人のダイエット

ミャンマーではちょいぽちゃが理想とされているので、ここでいうダイエットは、「肥満体系の人がちょいぽちゃを目指す」イメージです。日本人女子が目指すような、すらっとして細い人はミャンマーでは逆に魅力がないそうです。食べ物をちゃんと食べれていな…

ミャンマー気球祭りが始まりました!

今年もミャンマーの気球祭りが始まりました。ミャンマー語では「ダザウンダイン」と言います。 去年はデング熱で入院していたので、実は初めて参加します!【開催期間:11月6日〜満月の14日までの8日間】 ミャンマー国中から人が押し寄せるこのイベント。お…

ここが変だよ!ミャンマー流子育て

ミャンマーで赤ちゃんを育てていると、日本人の私からしたら「マジ?」と思うことは多々あります。私が遭遇したびっくりミャンマー流子育てを紹介します! 頭寒足熱 吐いたら良いサイン 他人の子どもにキスしまくり。しかも口。 赤ちゃんの咳は母乳のせい? …

いくら抱っこしても寝ない!赤ちゃんが絶対寝る方法を発見。

赤ちゃんが寝ない!もうずっと抱っこしてて腕も腰も肩も、身体中が痛い!ゆらゆらゆらゆらずーっとしてても、全然寝ない。 ですがある日、赤ちゃんがコロっと寝ちゃう方法を見つけました!毎日、赤ちゃんの寝かしつけを頑張っているママたちにぜひ試してほし…

緊急事態!娘のためなら鼻水でも飲める

娘、ミャンマーで初の病院へ行きました。私が住む田舎町には病院がないので、車で1時間半かけて隣の大きな町タウンジーへ。 鼻水トッテあげたい 山を越え、病院へ こうなったら私が鼻水スッテあげよう! 鼻水トッテあげたい 今、切実に「ママ鼻水トッテ」が…

<4ヶ月>飲みたいのに飲めない。おっぱい拒否。

娘ちゃん、おなかすいて指しゃぶってチュッチュッしてるからおっぱいあげようとすると……ギャン泣き。大好きだったはずのおっぱいを拒否されて、さみしい母です。 乳頭混乱 乳頭混乱の原因は? 目が離せない娘にバウンサーが大活躍 4ヶ月で飛行機に乗りまし…

ママと赤ちゃんに優しい国、ミャンマー。

ミャンマーで赤ちゃんを抱いて外を歩いていると、必ず声をかけられます。 「かわいいねー。ママに似てるねー」「何ヶ月なの?寒くないようにね。」 人が多い場所に行くと、話しかけられすぎていつまでたっても前に進めないくらい。笑そして3人に1人くらい…

ミャンマーヤンゴンのタクシー事情

海外でタクシーに乗るのは、安全かどうかなど不安なことも多いですよね。相場を知らないとぼったくられることも。ミャンマーのタクシーにはほぼメーターがなく、料金は交渉制なのでちょっと面倒です。 ミャンマータクシー利用方法 ミャンマーのタクシーで遭…

赤ちゃん連れの国際線飛行機デビュー!

生後4ヶ月の娘を連れて、飛行機の国際線デビューしました!0歳児の小さい子どもを連れての海外旅行は不安もありましたが、乳幼児のサポートも結構充実していたし、CAの綺麗なお姉さんがたくさん話しかけてくださって、思ったより快適に過ごせました。 赤ち…