インレー湖で田舎暮らし

海外移住ブログ。国際結婚→ミャンマーのいなか暮らし。現地での生活、育児、仕事のことなど

日本へ一時帰国!やりたいことリスト

1年ぶりの日本一時帰国で、やることがたくさんあってバタバタしています。日本では1歳の娘も誰にも預けられないので、余計にバタバタです。笑 さて、今日は私が日本一時帰国でやりたいことリストです。 友人・家族に会う 日本の食べ物を食べる 日本からの買…

防災に備える。防災週間。

日本での大地震などの災害被害が多く報道されているので、災害に備えている方もどんどん増えていると思います。さて、毎年8月30日~9月5日は防災週間と定められています。1923年9月1日に起こった関東大震災にちなみ、毎年8月30日~9月5日になりました。防災…

旅に出て人生が変わった私の場合。

私の人生を変えたバックパッカー女ひとり旅の話です。 私は旅にテーマを掲げました。「世界中の子ども達と学び合う」

0~1歳の子どもにオススメの絵本。娘は本が大好き。

日本の子どもの絵本って種類がたくさんあって素晴らしいですよね。子どもが喜ぶようなしかけ絵本や、色合いが美しかったり、読んでいて大人もワクワクするような絵本も多くあります。 そんな中で、私と1歳の娘が大好きな子どもにオススメの絵本を紹介します…

インド女一人旅、ぼったくり騙され、危険な目にあった話

私は今はミャンマーに住んでいますが、日本の大学生だった頃、就職活動を途中でリタイアして(というか始めてもない)旅に出ました。 本当に自分のやりたいことはなんだろう。遂によくわからなくなって、いわば「自分探し」の旅?です。 14kgにもなったバッ…

旅についても書いてみます

もう、ひとつ書いてみたのだけど、このブログに「旅」のカテゴリを追加しようと思います。 大学生の時に、大学を1年間休学してバックパッカーの旅にでました。 その旅は、私の人生に大きな気づきを与え、今の私の原点にもなっています。そんな大切な旅のこ…

H1N1型インフルエンザ、シャン州でも感染者が確認されました。

2017年8月現在、ミャンマー国内で流行っているH1N1型インフルエンザ。私が住んでいるシャン州でも感染者が出ています。2017年8月11日現在、病院からの情報によると、H1N1型インフルエンザ感染者はタウンジー町8名、ホッポン1名、シュエニャウン2名、…

就活やめて大学を休学、旅に出た理由

私は大学3年生の時、同級生がみんな就職活動を始めるなか、ひとり、就活をせず、大学を休学して、バックパックを背負って旅に出ちゃいました。 まわりの流れに流れるか、自分の人生を自分で動かすか。旅は私に自分の人生を生きる勇気をくれた、という話です…

紫外線(日光)アレルギーって知っていますか?

日本もどんどん暑くなってくる季節。気になるのは紫外線ですよね。シミやそばかすも気になるけど。。私は大人になって気づいたのですが、実は「紫外線(日光)アレルギー」だったのです。夏にちょっと外出して、肌がヒリヒリして日焼けかなぁと思ったら、顔…

夫婦で一緒に働くって最強だと思う

私たち夫婦は起業し、同じ会社で一緒に仕事をしています。毎日毎日一緒に働いています。「夫婦で仕事するなんて無理!」という人が大多数ですが、「夫婦で一緒に働けるなんていいよなぁ」という人も少なからずいます。 私たちは、夫婦で一緒に起業、仕事する…

インレー湖観光。ツアーの見どころ紹介。

インレー湖(のほとりの町)に住んでいる唯一の日本人です。久しぶりにインレー湖の観光に行ったので、ツアーレポートです。いつ行っても広大な湖に癒されます。インレー湖を観光される方の参考になれば嬉しいです! ミャンマー、インレー湖の観光ハイシーズ…

東南アジアではよく食べられているスーパーフード

ミャンマーや東南アジア周辺では、結構頻繁に食べられているモリンガ。現地でも「健康にいい」とされていて、薬などにも利用されます。 ちなみにうちの裏庭にも自生しています。日本でもスーパーフードとして注目されつつあるモリンガの栄養・効能や食べ方を…

田舎で子育てしているメリットデメリット

日本でも田舎で子育てしたいと思っている人が増えています。田舎で育児って大変だと思いますか?子どもにとってはどうでしょう? 私は海外の田舎で子育てをしているのですが、日本と共通することも多くその体験談も含めて、田舎で育児するメリットデメリット…

海外Wifiルーターの業界最安値はどこ?

海外でインターネットをすると言えば、Wifiのあるホテルやカフェを探すことが多いと思います。でも、「町を歩きながらだってインターネットを使いたい!」と思っているのは私だけじゃないはず。 そこで、気になるのは海外でも使えるWifiルーター。今回は、業…

仕事と育児の両立。ワーキングママへおすすめの本。

出産前は、まわりにワーカホリックだと言われるくらい仕事ばかりしていた私。多くのお母さんたちが悩むように私も子どもができてから、育児と仕事の両立って難しいなぁと痛感しています。 そんな育児と仕事の両立に悩む、ワーキングママに届けたいおすすめ書…

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる子育て方法

私も1歳娘の母ですが、子育てって何が本当に良いのだろうとつい悩んでしまいます。育児についてたくさんの情報がある中で、『いまの科学で「絶対にいい! 」と断言できる 最高の子育てベスト55―――IQが上がり、心と体が強くなるすごい方法』という本を見つけて…

世界の子どもたちを救う

私は、学生の頃に発展途上国を旅したことが人生にとって大きな気づきを与えてくれました。その中で、出会う子ども達が私の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません。 発展途上国で出会った子どもたちは決して裕福ではない子たちばかり。貧困に苦しみ…

赤ちゃんの離乳食と母乳

離乳食や育児について、色んな育児法や~式とかあってお母さんは悩んでしまうかもしれません。私も離乳食をいつ始めたらいいか、どうやって進めるのか。母乳はいつ辞めるべきなのか、卒乳・断乳ってどうしたらいいのか。など悩むことは多くありました。 色ん…

身体の毒素を出す食べ物

自分の身体は自分の食べているものでできています。"身体の毒を出すために食べる "という考えは東南アジアでもよく聞きます。これは日本語の「医食同源」や「デトックス」と同じ意味。 身体をつくっているのは自分が食べているものということを意識して、食…

ミャンマーではよく食べられているヒマワリの種

ひまわりの種はミャンマーでは、おやつとしてよく食べられています。中国や東南アジアでは食用として、健康や美容にも効果がある人気の食品。 私も始めは食べ方が分からず食べなかったのですが、実はひまわりの種は栄養豊富!ひまわりの種の食べ方や、栄養価…

石けんを使わない、肌断食のススメ

肌断食とは、基礎化粧品や化粧水、クレンジングなどあらゆる化粧品類を一切使わないこと。宇津木流スキンケアとも呼ばれ、洗顔も水だけでするという究極にシンプルな方法。 1年以上の期間、宇津木流スキンケア・肌断食を行っていたのでブログで効果や方法な…

布ナプキンのメリットデメリット。

私は布ナプキン生活を始めて2年、紙ナプキンをやめて2年。海外の田舎に移住したのをきっかけに布ナプキンを本格的に始めました。「布ナプキンを使って何が変わった?」「布ナプキンって本当に良いの?」体験談を踏まえて布ナプキンのメリットデメリットをご…

外の気温が暑すぎて子どもがうつ熱?

日本も梅雨が明けると、どんどん暑くなってきますよね。暑くなってくると、心配なのが熱中症や日射病。 私の娘も1歳に満たない生後10ヶ月頃に、外気温40度の猛暑の中、熱射病の症状であるうつ熱になりました。 クーラーのないミャンマーの暑い地域で、体温の…

離れて暮らす母へ。母の日に。

海外移住すると、日本の家族にはなかなか会えなくなります。母に孫の顔を見せてやることもなかなかできず、申し訳ない…。 もうすぐ母の日なので何かしたいな~と思い、見つけたのがフォトスタンドやフォトブック。 インターネットで注文して、母のところまで…

野菜や果物の農薬が気になる!落とす方法を試してみた。

ミャンマーの田舎町に住んでいるhanaです。田舎って聞くと、野菜が美味しそうなイメージを持つ方もいるかもしれません。 でも私の田舎地域で作られている野菜は、農薬を使う量がとっても多いんです。理由は単純で、農薬をたくさん使った方が虫がこないから。…

産むことのメリットデメリット

仕事中毒で、結婚にすら全く関心のなかった私。なのに、24歳で結婚・妊娠。しかも、出会って1年経たずのミャンマー人と電撃結婚。 「こいつは一生結婚しないんじゃないか?!」とまわりから思われていたので、子どもを産んだら何が変わった?とよく聞かれま…

2017年ミャンマー水かけ祭りの季節がやってきます。

4月になりましたね。ミャンマーでは、4月と言えば旧正月。今年も水祭りの時期がやってきます。私もミャンマーで3回目の水祭りになります。 ミャンマー中が大騒ぎになる、1年間で一番大きなミャンマーの行事です。 2017年水祭りのスケジュール期間 ミャンマー…

旅行に来るなら知っておきたいミャンマーのタブー。

住んでいて教わったミャンマーのタブーやマナーをご紹介したいと思います。知らなかったり、知っててもやってしまったりして、私もいまだにまわりのミャンマー人から注意されることも。。 ミャンマー旅行・生活の参考にしていただければ嬉しいです。 頭が大…

インレー湖で1番おいしい日本料理店

ミャンマーに住んでいたり、長く旅行すると恋しくなる「日本食」…油っこいミャンマー料理とは対極にある日本料理。 私の住んでいるインレー湖ほとりの町「ニャウンシュエ」にも食べたいと思える日本食レストランがあります。 その日本料理店とは「NOZOMI(の…

我が家のミニマリストライフが終わった日。マキシマリストの娘。

自分はミニマリストだって思って生きていました。 ミャンマーに移住する時に持ってきたのは、90Lのスーツケースひとつ。 それから自分のモノはほとんど増えてません。 ミャンマーの田舎に住んでみたら、さらに買いたいと思うものがなくて物欲を全く刺激され…