読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インレー湖で田舎暮らし

ミャンマーブログ。国際結婚してインレー湖の田舎町に移住。現地での生活や育児などの日常。

赤ちゃん連れの国際線飛行機デビュー!

生後4ヶ月の娘を連れて、飛行機の国際線デビューしました!0歳児の小さい子どもを連れての海外旅行は不安もありましたが、乳幼児のサポートも結構充実していたし、CAの綺麗なお姉さんがたくさん話しかけてくださって、思ったより快適に過ごせました。 赤ち…

ミャンマーに嫁いだ私の一味違う女子のたしなみ

ミャンマーには男尊女卑の考えがあるように感じる時もあります。ミャンマー人と国際結婚した私は、一応、日本とは違うミャンマー女性のマナーを少しでも学ぼうと努力するつもりです。ミャンマーに嫁ぐ際には参考になるかもしれません。 髪は切らない 禁酒 タ…

ここが変だよ!今どき男子高校生の弟

旦那につづきシリーズ第2弾です。 日本に帰国した際に、久しぶりに10歳年下の高校生の弟と同居してみたらとってもジェネレーションギャップを感じた話です。

愛で壁を越えてけ!国際結婚のススメ

結婚生活って幾度となく壁にぶつかるんですよねー。愛さえあれば…きっとなんだって乗り越えられるはず。 ミャンマー人の旦那と国際結婚して、もうすぐ1年が経ちます。2年前に旦那と出会うまでは、結婚なんてまだまだ先だと思っていたのに、まさかの国際結…

産後の抜け毛が始まった!旦那さんが慰めてくれました。

産後の抜け毛…噂では聞いていたものの。出産後3ヶ月ほど経ち、シャワーするとすごい量の髪の毛が排水溝に溜まり、髪をとかすとごっそり髪の毛が抜けるようになりました。 毎回毎回びっくりするくらい抜けているので、このままどんどん髪の毛が抜けていって…

旅に出る時は、空港に荷物を送って楽しよう。

ミャンマーへ帰る際に、子どもの荷物が多すぎてまさかのスーツケース4つになってしまいました!成田空港は意外と遠くて、赤ちゃんを連れて荷物を運ぶのが大変なので、初めて空港宅配便を利用することに。どの方法がいいのか比べてみました! 成田空港まで荷…

3年間のベジタリアン生活とこれから。

20歳から完全に肉を食べない生活(ベジタリアン、菜食主義)をしていました。今後一生肉を食べないと思っていたのですが、妊娠を機に肉を食べることになったので、およそ3年間ベジタリアン生活を振り返ります。 ベジタリアンの種類は?思想や宗教によっても…

海外生活で使いたい、日本クオリティの便利グッズ。子ども編。外国人へのお土産にも!

ミニマリストを目指していたのですが、日本って便利グッズが多すぎる。日本のクオリティって素晴らしすぎる。 子どもができて変わりました、私。自分のことはTシャツが破れていようが気にしないけど、子どものモノは買ってあげたくなってしまって。 バックパ…

赤ちゃんって何考えてるの?4ヶ月の娘の気持ちを本気で考えてみた。

赤ちゃんってとっても可愛いけど、何考えてるかわからないですよね?私はなんとなくわかるような気がする時もあれば、わからないことも多いです。 なので今回は生後4ヶ月の娘の気持ちをちょっと本気で考えてみました。 生まれた時 0ヶ月 1ヶ月 2ヶ月 3…

海外生活にメガネコンタクトは不便すぎる。レーシック受けました。

レーシック手術を受けたら、世界が変わりました。世界の見え方が変わりました(実際に視力めちゃめちゃ上がったからね!) 先日、レーシックを受けようか悩んでいる友人に「レーシックって安全なの?」と相談され、私はレーシックを受けてめちゃめちゃ良かっ…

これ1つあればOK!顔も身体も髪も、窓も床もペットも洗える!万能すぎる「マジックソープ」。【ミニマリスト】

オーガニックソープで全米売上No.1と言われる「マジックソープ 」。自称ミニマリストの私は、これの万能さにハマっちゃいました! 普通は洗顔料、シャンプー、ボディソープ、ハンドソープ、洗濯洗剤などなど、それぞれの用途に合わせて何種類もの石けんや洗…

ミャンマーの観光地「インレー湖」の行き方。住んでる私が教えます!

そろそろ雨季も終わり、10月からミャンマー観光ハイシーズンが始まりましたよー!私の住んでいる「インレー湖」はミャンマーの有名観光地のひとつです。 大都市ヤンゴン、世界三大仏教遺跡のひとつといわれるバガン、仏教文化の中心地であるマンダレーと行く…

<3ヶ月>寝返り成功。もう目が離せない。

3ヶ月になり、出生時の体重の2倍以上になりました。身長も10cmくらい伸びました。本当に子どもの成長の早さには驚かされます。 身体の成長 心の成長 身体の成長 特に練習などさせていなかったのですが、娘は3ヶ月になる前日に寝返りを成功させました。

ここが変だよ!愛しのミャンマー人旦那

にほんブログ村 昔の日本に似ているとも言われるミャンマー。ミャンマー人は真面目で温厚な性格の人が多いと言われています。そんな国の人と国際結婚しました。 しかし!もちろん全然理解できない異文化?な言動もあるのです。 それでも愛してるんですけど、…

もっと早く気づけば良かった!完全母乳のメリットとデメリット

まだ月齢の低いお子さんをお持ちの完母ママさん。後悔しないように読んでください。母乳育児がしたくて、出産前後にたんぽぽコーヒーを飲んだり、おっぱいマッサージをしていたおかげか、母乳が出過ぎるくらいに出ている私。乳腺炎などのトラブルも今のとこ…

ミャンマービザを取得するならオンラインがおすすめ!

【2016年12月〜ミャンマービザ規定の変更がありました。最新情報は下の記事からどうぞ!】ミャンマービザの滞在期間・料金が変更されました。申請・取得の方法。(2016年12月〜) - インレー湖で田舎暮らし 前回、郵送でのミャンマービザ取得について書きま…

ビザを郵送で取得。ミャンマー大使館を見直したぞ!

【2016年12月〜ミャンマービザ規定の変更がありました。最新情報は下の記事からどうぞ!】 ---- 品川にあるミャンマー大使館。 今まで何度もビザ申請をしてきたけど、窓口まで行って書類不備で返されたり、電話はなかなか繋がらないし、電話対応めちゃめちゃ…

運転免許、更新期間に海外にいる場合どうする?

そういえば、ミャンマーに住んでいたら日本の運転免許を更新ができないことに気がつきました。基本的には免許更新は誕生日の1ヶ月前後。ということは、来年1月の前後…ミャンマーにいて日本で免許更新することは不可能!ということで、免許センターに問い合…

自分を褒められるより、旦那を褒められると嬉しい、娘を褒められるともっと嬉しい

先日、ミャンマーのインレー湖をご案内した方から「旦那さんは、素敵で真面目で心優しい方でした。」とお礼のメールをいただきました。なんか自分が褒められるより嬉しい! 娘が生まれてから、親戚に「可愛いねー!似てるねー!」と言われて、とっても嬉しい…

産休中を利用して「メルカリ」。断捨離できてお金にもなる!

今さらですが…産休中の時間のある時に断捨離も兼ねて「メルカリ」やってました。初心者ですが、3ヶ月で5万円の売上にもなりました! (☆メルカリ登録時に、招待コード「QTZTVE」を入力すると300円分のポイントが取得できます!) いらないものを誰かが使っ…

<2ヶ月>生活リズムがついてきた。空気も読めるようになってきた。

暑くなってきたので、ラッコ抱きで寝るのも早々に辞めました。最近は私も赤ちゃんもくっついて寝るのは暑い暑い。 なんと最近、夜間に6,7時間寝てくれるようになったのです!

3ヶ月の赤ちゃんもパスポート取得!いざミャンマーへ!

生まれて3ヶ月の娘もミャンマーへ帰るのにパスポートを取得してきました。赤ちゃんが海外に行く場合、生後何ヶ月であれパスポートが必要です。乳児はママかパパが代理申請できます! パスポート申請に必要な書類 受取はパスポート申請から6日後

ミャンマーへ海外送金する方法。セブン銀行がおすすめ!

もうすぐミャンマーへ戻るので、海外送金をしました。国際キャッシュカードを利用している新生銀行で、送金しようと思い問い合わせたところ…ミャンマーへは送金不可とのこと。その他の銀行にも問い合わせましたが、手数料や利便性を考えるとなんだかイマイチ…

ママ友の難しさ。ママたちはもっとリラックスしていい。

私は出産後、数ヶ月でミャンマーへ帰るので、特にママ友は作らずにいました。世間ではママ友の付き合いが大変だと言われていますが、他人事だと思っていました。 しかし先日、「ママ友って難しいんだなー」と感じるできごとに遭遇。それは娘が2ヶ月になり、…

赤ちゃんと石けんレス生活

一時期、話題になった「湯シャン」や「タモリ式入浴法」。私も数年前から、シャンプーやボディソープをなるべく使わない石けんレス・石けんなし生活をゆるく実践しています。 湯シャンとは、シャンプーを使わずに「お湯だけで」髪を洗うことです。タモリ式入…

赤ちゃんに予防接種させますか?ミャンマーはどうなの?

ミャンマーにも定期予防接種があります。日本の赤ちゃんは2ヶ月になると、予防接種を始めますよね。 【日本:定期の予防接種】ヒブ、小児用肺炎球菌、MR(麻疹・風疹)、四種混合、BCG、水疱 ミャンマーは、上記プラスB型肝炎が定期接種に入ります。

<1ヶ月> 添い乳やめました。ラッコ抱きはじめました。

ほとんどのお母さんは夜寝てくれない赤ちゃんに手を焼いていますよね。私もその1人です。 生まれてすぐ入院中から、夜は自分が楽なので添い乳で寝かしていました。その頃はすぐ寝落ちしてくれるので、手がかからない良い子!と思っていましたが…

<0ヶ月>出産後が一番チャンス!頻回授乳をがんばろう。

するんと安産で生まれてきてくれた娘。私の出産した病院では、出産直後の生まれたての赤ちゃんを私の胸に置き、おっぱいを吸わせました。これは生まれてすぐにおっぱいを吸せることで、その後の母乳分泌が良くなるそうです。娘は出てるんだか出てないんだか…

ミャンマー人に喜ばれる日本食

ミャンマー料理は、繊細な和食との味覚とは全く異なります。基本的に味が濃くて、油っぽくて、時にすごく辛くて、時にすごく甘いです。糖尿病になりそうな食事です。実際に糖尿病にかかる人も少なくありません。 ミャンマー人の旦那は、日本人の繊細な薄味を…

最小限・最低限!私の出産準備用品

出産準備用品は、全てをちゃんと揃えようと思うとトータル30万円程かかるそうです。 私は産後数ヶ月でミャンマーに帰るので、できるだけ最低限のものしか買いませんでした。さらに譲っていただいたり、作ったりして、とても節約できたと思います。その結果、…

旦那は育休を取得。大事なのは2人で親になるということ。

旦那は出産前から日本に来ていて、出産後も10日間の育休を取りました。赤ちゃんが生まれたての、この感動の日々を一緒に過ごせてよかったと思います。 出産時に立ち会い、陣痛時には腰をさすってくれたり深夜の出産だったので眠そうにしながらもサポートして…

赤ちゃん誕生! 超スピード安産だった私の出産レポート

6月6日に赤ちゃんが誕生しました!記録として出産レポート。 37週から41週6日までが赤ちゃんがいつ生まれてもいい生産期。37週目に入った時からいつ生まれるのかそわそわしていたけど、あっという間に予定日超過。予定日の検診でも「赤ちゃんまだまだ…

ビザ代行会社を使わず、自力でミャンマー人の日本ビザ取得する方法

よ、ようやくミャンマー人旦那さんの日本ビザが取得できましたー!これで、出産に立ち会ってもらえます!赤ちゃん。パパくるまでもう少しまっててね。 大使館へ申請行くのが遅れてしまい、来日予定の一週間前に申請に行くというドタバタ。いつも何でも前もっ…

外国人が欲しがる意外な日本の便利グッズ

私が、ミャンマー人スタッフからよく頼まれる日本の便利グッズを紹介します!外国人がお土産として欲しがるモノからも、世界における日本の技術の高さが支持されているようですねー! 外国人が切実に欲しがる実用的なモノ 1.消せるボールペン(フリクション…

ミャンマー田舎移住のススメ

ミャンマーのヤンゴンはいざ住むとなると、生活費が高いということを前記事で書きました。 在ミャンマー邦人の99%がヤンゴンに住んでいます。ヤンゴンは外国人向けの住居やスーパー、大使館もなんでもあるから便利なんですよね。

フリーランスの東南アジア移住が増えている?ミャンマーはどうかな

日本にいるとインターネットが快速で、ついつい使いすぎてしまいます。さて最近、フリーランスの方や起業家の方が東南アジアに移住されている方が多いそうです。マレーシア・タイ・カンボジアなど物価が安く、インフラも比較的整っている国が人気みたいです…

妊娠35週目で逆子が直ったー!

実は、妊娠32週目で逆子と言われてました。28週目の検診では大丈夫だったのに、まさかの後期にきて赤ちゃんがぐるんと頭を上にしたみたいです。お医者さんは、「最終的に逆子で出産するのは5%もいないから、次の検診で治ってるといいね。」と言いましたが不…

プロフィール

<ハナ>1991年神奈川県生まれ。小さい頃から、わが道を行き、群れない一匹狼タイプ。子どもの自由な心と、大人の広い器をもっていたいと思ってます。人に迷惑をかけず、できるだけ人に優しく、いつも笑っていたいです。今は、ミャンマーの田舎町に住んでい…

ミャンマー定番デートはあの場所へ行こう!

私とミャンマー人の旦那さんは出会って1年足らずで結婚しました。そして、お互い仕事が忙しかったためにほとんどデートらしいデートをしていませんが、ミャンマーデートをご紹介します。 お寺ははずせないよね! ミャンマー人のデートスポットはずばり「お寺…

ミャンマー田舎の病院事情

もうすぐ妊娠8ヶ月に突入です。実は、日本に帰ってきちゃいました。 ミャンマーの田舎病院は、本当に頼りない!どうしてもあの病院で出産する勇気が出ませんでした。以前、デング熱で入院したこともあるのですが、あの時も本当は色々言いたいことがあったの…

妊娠して何もできないことを責めていた自分へ

ミャンマー人の旦那さんと結婚して、子どもが出来たら幸せだろうなと思っていました。しかし妊娠してすぐにつわりがひどくて、毎日何も食べていないのに吐いてしまう日々が続き本当に辛かったです。仕事も家事も何もできなくなった自分を責めていました。何…

ミャンマーでデング出血熱で入院。

ミャンマーでデング熱になって入院しました。死ぬかと思うくらい、痛いし、かゆかったです。ミャンマーだけでなく、東南アジア、最近はハワイや日本でも流行ったらしいので気をつけてくださいね。。重症の場合、身体のあらゆる穴から出血して死に至る場合も…

発展していくミャンマーの発展していく恋愛観

みなさん、バレンタインデーですね!ミャンマーでも、スーパーにチョコの特設コーナーがあったりしてバレンタインデーっぽいことが都市部では行われています。 私も去年、旦那さんにチョコをあげました!しかし、ミャンマーでは食べ慣れていないチョコを好き…

僧侶を一旦諦めた旦那さんと宗教について話し合い

僧侶になるか、日本人の私と結婚するか、悩んでいた旦那さんの話しです。 前記事でも書いたように、僧侶になれば結婚は許されません。お寺に住み込み、天に召されるまで仏教の道を極める毎日です。 彼は数ヶ月くらい悩んでいました。ある日…「僕は君と結婚す…

僧侶になりたい旦那さん

ミャンマーは数ある仏教国の中でも信仰の厚い国です。国民の約90%が仏教徒です。現世で布施(他人に施し与えること)や寄付をより多くすることで、生まれ変わった来世でより良い人生を送ることができると信じています。世界中で個人が寄付に費やす金額が最も…

99%がヤンゴン在住、残り1%は?

私はミャンマー在住ですが、大都市ヤンゴンには住んでいません。ミャンマー在住の日本人99%がヤンゴンに住んでいるそうですが、私は残りの1%とということです。 日本のテレビ番組「世界ナゼそこに?日本人」から何度もオファーをもらうくらい僻地に住んで…

モノを持たない幸せ2<貧しい途上国から学ぶ>

前記事の第二弾です。「ミニマリスト」についてです。 バックパッカーをしていて、最小限のモノで生活をしていたということと、その旅中に出会う発展途上国の貧しい人々にも色々気付かされました。

モノを持たない幸せ1<旅人から学ぶ>

ここ最近よく聞くようになった「ミニマリスト」(最小限のモノで生活する人のこと)これを実践している人々は以前から存在していたように思います。 それは、「旅人」です。といっても、スーツケースに必要以上のたくさんのモノを詰めて旅行する人たちのこと…

ビジネス経験ないのに、ミャンマーで起業。

私は新卒で日本の会社に就職しました。そして、入社1年足らずでミャンマーで起業することになりました。 海外を旅するのが好きだったので、海外で働けることにもわくわくしていました。 しかし、日本の会社で1年も働いていない私がたった一人でミャンマーと…